【サッカー人気1位】【山雅探報】J3降格。反町時代からの”…

ヴォルティススタジアム

【FC東京vs徳島】ダニエルポヤトス監督記者会見コメント「まず何よりもはじめに、徳島から多くのサポーターの皆さんに足を運んでもらい本当にありがとうございました。本当に多くの方に足を運んでいただきチームの力になりました」

■明治安田生命J1リーグ 第36節
11月20日(土)FC東京 0-2 徳島(14:03KICK OFF/味スタ/12,670人)
得点者:42’藤田譲瑠チマ(徳島)71’垣田裕暉(徳島)
———–

〇ダニエルポヤトス監督

「まず何よりもはじめに、徳島から多くのサポーターの皆さんに足を運んでもらい本当にありがとうございました。感謝の言葉を申し上げます。本当に多くの方に足を運んでいただきチームの力になりました。そしてTV越しに応援してくれた皆様にも本当に感謝しています。
試合については、全体的にいい試合ができたと思いますし、FC東京さんという素晴らしい相手に対して自分たちがしっかりとボールを持ちながらコントロールしていました。難しい状況が続きますが、残り2試合も今日のように戦っていきたいと思います」
Q:守備の方法について。藤田(譲)選手と鈴木(徳)選手が適宜前に出ていくシーンが多く、4-4-2か4-5-1のように見えました。どういった守備方法だったのでしょうか?
「システムというよりはスペースをどのように守っていくかが大事だと思っています。そのスペースと相手の特徴を考慮した中で守備をしていこうと話をしていました。その中でチームとしてしっかり認識することができて、いい守備をすることができていたと思います」

Q:岩尾選手の起用についての判断について。
「プロフェッショナルとして、できる限りの努力をしてくれてプレーをしてくれました。本当に感謝しています。簡単に治るケガではなかったのですが、彼の努力のおかげで早く復帰することができたと思っています」

Q:最後に残留の可能性を残した上で残り2試合に向けて。
「サポーターの皆さんと一緒に戦えれば、今日のようにいつもよりさらに強いパワーとなって戦えると思います。引き続きサポーターの皆さんと一緒になって戦っていければと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ