ヴォルティススタジアム

【FC東京vs徳島】試合後の選手コメント:藤田譲瑠チマ「勢いを持って試合に入れたことが先制点につながった」岩尾憲「この状況でみんなが地に足を付けて試合ができたことは何よりも大きな収穫だと思う」

■明治安田生命J1リーグ 第36節
11月20日(土)FC東京 0-2 徳島(14:03KICK OFF/味スタ/12,670人)
得点者:42’藤田譲瑠チマ(徳島)71’垣田裕暉(徳島)
———–

〇藤田譲瑠チマ選手

Q:試合を振り返って
「最初から自分たちが勢いを持って試合に入れたことが先制点につながったと思います。先制点が取れた後も、早い段階での失点や後半に入ってからの失点が無くて、逆にワンチャンスで追加点を奪うことができたことが、この試合を決めたポイントだったかなと思います」

Q:FC東京戦に向けて準備してきたことは?
「前線に強い選手たちがいたので、そこでのカウンターをさせないような攻撃や守備の仕方を意識していました」

Q:J1初ゴールについても聞かせてください。
「綺麗な形ではなかったんですけど、それまでの崩しの部分はチームとしての狙いが表現できていたと思います。とにかく入って良かったです」

Q:試合前はそれほど意識していないとおっしゃっていましたが、久々の味の素スタジアムでのプレーについては?
「やっぱり…、なんか戻ってきたなという感じがしました」

(残り 2231文字/全文: 2710文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ