【サッカー人気1位】岩尾憲が浦和に来た想いを語る「ここに遊…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs広島】ダニエルポヤトス監督記者会見コメント「この場を借りて、ファン・サポーターの皆様へ申し訳ないという気持ちをお伝えしたいです」

■明治安田生命J1リーグ 第38節
12月4日(土)徳島 2-4 広島(14:03KICK OFF/鳴門大塚/8,170人
得点者:9’藤井智也(広島)11’エゼキエウ(広島)36’エゼキエウ(広島)54’岸本武流(徳島)65’浅野雄也(広島)80’一美和成(徳島)
———–

〇ダニエルポヤトス監督

この場を借りて、ファン・サポーターの皆様へ申し訳ないという気持ちをお伝えしたいです。プレッシャーがあったのか、チームとして良い入り方ができませんでした。そして前半のうちに0-3になり、どうしても難しい試合になってしまいました。

Q:風の影響があったのかもしれませんが、本来であれば前半をどのように戦い戦いたかったのですか?

風を言い訳にはできません。ボールを保持して相手に向かって行ければ私たちの理想の展開だったと思います。しかし私たちの良さが出せなかったという現実があったと思います。

Q:来季はJ2で戦うことになりますが、試合後のスピーチでは契約を更新してJ1復帰のために来季もここで戦うと受け取れました。

この場で自分の将来についてお話しすることはできません。繰り返しになりますがファン・サポーターの皆様にお詫びと感謝を伝えたいですし、このクラブにとても満足していることもお伝えしたいです。

Q:残留するために必要だったことは何だと思っていますか?

ボールを保持するという自分たちの良さを多くの試合で出しながら、均衡した試合をすることができたと思います。その中で決め切るということがなかなかできずに、逆に相手に得点を奪われそのまま敗れることが多かったという印象です。ただし、その課題もシーズンの最後には改善することがでました。そしてそれは結果にも現れたと思います。

Q:コロナで入国がかなわず、監督にとって難しいスタートを強いられたシーズンだったと思います。考えていた戦術は十分に浸透させることができましたが?

確かに4ヶ月遅れての合流は大きなことだったと思っていますが、そこからチームは少しずつ成長していきましたし、ピッチでもそれを表現することができるようになったと思います。

Q:0-3で迎えたハーフタイムでは選手にどのような言葉をかけましたか?

プレーにフォーカスしよう、気持ちを切り替えて自分たちのやるべきことに目を向けようと伝えました。選手たちはその通りに切り替えて、後半はしっかりとゴールを狙い戦ってくれました。多少オープンな展開になりましたが、得点を奪うこともできました。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ