【サッカー人気4位】【J激論】前田大然の”飛び立ち”と”マ…

ヴォルティススタジアム

新加入選手のコメント~徳島ヴォルティス 2022シーズン 新ユニフォーム発表会・新加入選手会見(2)~

本日行われた、徳島ヴォルティス 2022シーズン 新ユニフォーム発表会・新加入選手会見の様子をお届けしています。
会見の模様は徳島ヴォルティス公式youtubeチャンネルでも掲載されています。

~2022年のチーム編成の意図・選手獲得のコンセプトについて~

○岡田明彦強化本部長
「今シーズンも引き続き強化本部長を務めさせていただく岡田です。日頃よりクラブ・チームをサポートしていただきありがとうございます。
私の方から強化・編成についてお話させていただきます。
まず目標はJ1復帰です。ただ復帰するのではなく、攻撃的で魅力的なフットボールをして各個人が成長して、まとまりや一体感を持つことによって成し遂げていけるようにしていきたいと思います。

強化・編成面についてですが、我々は約10年前に作成したチームコンセプトを元に強化・編成を進めています。このコンセプトは我々のクラブを様々な角度から分析して形成されたものです。

具体的には、概要・規模・特徴・魅力をビッククラブとヴォルティスを比較した中で、我々はどうあるべきか念頭に置きながら進めています。
概要としては、
・地元を土台とした選手育成、中位クラスを目指し数年に一度のチャンスで優勝を狙っていく。
・若手選手を中心に育成し、海外トップクラブへの移籍を目指す。
・育成した選手を移籍させることで、資金を確保していきたい。

規模は小中と書いてありますがJリーグの中ではだいたい真ん中くらいの規模です。2020シーズンの予算は約16.7億円、22チーム中8位のチーム人件費でJ2を戦いました。
そういった中で、我々は新卒育成主体で人件費を抑制して中核選手を確保していきたいですし、入場料収入だけでは成立しないために育成選手の移籍金収入への期待や、県民・行政・地元企業による支援を受けながらやっていきたいと思っています。

特徴のところでは、チーム力で戦うスタイルをしっかりと確立していきたいと考えています。そして移籍選手の穴を埋める選手獲得と育成システムをしっかりと確立していきたいですし、新卒育成選手の継続獲得をして、若手選手が主力となる選手補強をしていきます。魅力としてはチームの勝利だけではなく、選手の成長、地元出身者の活躍、特徴のある戦術の成熟度であり、地元を代表するチームとして応援してもらえるような、ビッグクラブとは違った我々独自のコンセプトを持ちながら、人口が約70万人の地方都市で、Jリーグの中で中規模のクラブが戦っていくためには成長育成型のクラブを目指すことが重要であるということで、ここまで進めてきました。
そしてこのクラブコンセプトに基づいたチームスタイル、アグレッシブでコレクティブに戦うチームスタイルをしっかりと実現していきたいと思います。

【チームスタイル】

Aggressive(積極的に)戦うという部分では、
・積極的にボールを奪い相手ゴールに仕掛けるプレーをする
・攻守の切り替えを速くし連続してプレーする、1対1(球際)で負けない

Collective(組織的に)に戦うという部分では、
・各自特徴を持った選手が攻守に空間(スペース)を共有して連動して戦う

こういったチームスタイルのもと、以下のようなチームスタイルに合う選手モデルである

【選手モデル】

Ambition(向上心)
・向上心、野心をもっている

Aggressive(積極的に)
・ハイインテンシティでプレーすることができる
・特徴的なストロングポイントを持っている
・身体的スピードを持っている

Collective(組織的に)
・個人技術(止める、蹴る、運ぶ、外す)をしっかり身に着けている
・フリースペース、フリーマンを的確に見つけ、数的関係を考えプレーできる
・チームに対しての忠誠心を持ってプレーできる

こういった選手を集められるように、話をしながら全ての選手に集っていただきました。
ここにいる新加入選手は、若くて、野心・向上心を持っていてフットボール的特徴を備え合わせた可能性豊かな選手を迎えることができたと思っています。

数年前からお伝えしているように、昨今の移籍市場の傾向としては、選手の流動性が高くなってきています。その中でクラブのスタイルやアイデンティティを確立していくことが重要であると思っています。そして、都市規模・予算規模に左右されないクラブ価値を創出していきたいと思っています。

チームエンブレムに誇りと愛着を持った選手を多くしていく事が、チーム・クラブの成功を導くと思っています。クラブに誇りと愛着を持った選手が成長してより良いプレーを見せることによって徳島の皆さんを元気にしていきたいですし、徳島に関わる全て人を幸せにしていけるようにクラブ一丸となって取り組んでいきますので、今シーズンも引き続きよろしくお願いします」

~新加入選手紹介~

○石尾崚雅選手
石尾崚雅
「ツエーゲン金沢から加入した石尾崚雅です。
徳島のイメージはボールを大事にするイメージがあって、プレーの幅も広がって自分も成長できると思い移籍を決めました。
自分の特徴はDFなので対人守備を見てもらえればなと思います」

○石田凌太郎選手
石田凌太郎
「名古屋グランパスから加入した石田凌太郎です。
徳島の攻撃的なサッカーに魅力を感じて徳島への加入を決めました。1年通して全力で、自分自身のアグレッシブなプレーを見てもらえたらなと思います。一年間よろしくお願いします」

○白井永地選手
白井永地
「ファジアーノ岡山から加入した白井永地です。
徳島のサッカーは本当に攻撃的で考えながらプレーする機会が多いと思うので、その中で自分がどれだけ成長できるか楽しみです。攻守においてハードワークして厚みを持たせることができると思うので、そこをしっかり生かしていきたいなと思います」

○新井直人選手
新井直人
「セレッソ大阪から移籍してきた新井直人です。自分も持ち味は左右のSB、CBで幅広くDFラインでプレーできるところと、上下のアップダウンや対人の強さを武器にしているので、そういった部分を1年通して見せていければいいなと思います。よろしくお願いします」

○藤尾翔太選手
藤尾翔太
「セレッソ大阪から加入した藤尾翔太です。徳島を選んだ理由は、すごく攻撃的で魅力的なチームで、自分の持ち味であるゴールに直結したプレーが存分に発揮できると思ったので、徳島さんを選ばせていただきました」

○長谷川雄志選手
長谷川雄志
「大分トリニータから加入しました長谷川雄志です。自分の持ち味は両足のキックとゲームを作る部分や守備の強さです。(自分の特徴を)発揮しながらこのチームでJ1に戻り戦っていきたいと思い加入しました。よろしくお願いします」

○児玉駿斗選手
児玉駿斗
「名古屋グランパスから加入した児玉駿斗です。
徳島を選んだ理由は、このチームで試合に出てこのサッカーがしたいと思い、選びました。
自分の特徴は技術で、見ている皆さんを楽しませるようなプレーをしたいです。よろしくお願いします」

○田中颯選手
田中颯
「京都産業大学から加入した田中颯です。
徳島に決めた理由は、攻守両面でアグレッシブで、魅力的なサッカーを体現していて、自分のスタイルにも合っていますし、このチームでJ1に戻りたいという気持ちが強かったからです。(選手の)入れ替わりの多くなる年なので、自分が攻守でしっかりとプレーしてリーダーシップを発揮し一年間戦っていきたいと思います。よろしくお願いします」

○玄理吾選手
玄理吾
「静岡学園高校から加入しました玄理吾です。
徳島のパスをつなぎながら相手ゴールに迫るサッカースタイルに魅力を感じ加入しました。自分のボールを取られないキープ力や、トラップやパスでリズムを生み出すプレーを見て欲しいです。よろしくお願いします」

○森昂大選手
森昂大
「びわこ成蹊スポーツ大学から加入した森昂大です。
徳島を選んだ理由は、攻守ともにアグレッシブでやっていて面白いサッカーだなと思い、そして自分が一番成長できる環境にあると思い決めました。
自分の武器は空中戦や対人守備の部分なので、そこを見て欲しいです。よろしくお願いします」

○櫻井辰徳選手
櫻井辰徳
「ヴィッセル神戸から来ました櫻井辰徳です。
徳島を選んだ理由は、ポゼッションを大事にして相手ゴールに迫るというチームスタイルが自分に合っていると思い徳島への加入を決めました。
自分の特徴は左右両足を使ってゲームコントロールすることや、ボールを展開して攻撃を組み立てることが特徴です。一年間よろしくお願いします」

オリオラサンデー
○オリオラサンデー選手
「福知山成美高校から加入したオリオラサンデーです。今年は徳島ヴォルティスで活躍したいと思います。よろしくお願いします」

次のページ

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ