【サッカー人気2位】【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲…

ヴォルティススタジアム

高知キャンプ2日目午後:厳しい寒さの中でのトレーニングに。玄理吾「とにかく周りの選手たちから全部吸収する勢いで頑張りたい」一美和成「チームとしてJ1復帰を成し遂げる事と、個人としては2桁得点を必ず取れるように、日々の練習からやっていきたい」

高知キャンプ2日目午後、練習場は急激に冷え込み、厳しい寒さの中でのトレーニングとなりました。


午後は主にポゼッションでフィーリングを確認。選手たちは疲労の色を見せずに、献身的な動きを見せます。


トレーニングが進むにつれて良いリズムが生まれ、選手同士のコンビネーションも光りました。また、フィジカルコンタクトの回数が増え、球際もだんだんと激しさが増しています。

キャンプ2日目にして、選手たちもよく身体が動いてる印象。若手が多いチームですが、ベテラン選手たちもチームの雰囲気を盛り上げるべくよく声を出しています。


今日もしっかりとはハードな2部練習をこなした選手たち。明日も2部練習を予定しており、身体に負荷をかけ続けていきます。

※練習後、玄理吾選手と一美和成選手に話を伺いました。

(残り 811文字/全文: 1175文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ