ヴォルティススタジアム

【徳島vs長崎】試合後の選手コメント:川上エドオジョン智慧「相手の出方に応じたプレーをしたかった」浜下瑛「後半は前半よりも良い形を多く作れた」

■明治安田生命J2リーグ 第7節
4月3日(日)徳島 0-0 長崎(14:03KICK OFF/鳴門大塚/4,229人)
———–
○川上エドオジョン智慧選手
Q:今日の試合、どのような気持ちで臨みましたか

チームとして勝ちたいという気持ちがありましたので、ただ勝つことだけを目指して戦いました。

Q:自分のプレーを振り返ってみてください。

相手が予想よりも激しい守備をしてきました。前半から選手同士でコミュニケーションをとり、相手の出方に応じたプレーをしたかったです。個人的には嫌な感じではなかったですが、相手のプレッシャーが速く、チームとして相手の守備にはまってしまいました。どうかわすかとか、割り切ってプレーするかなど、選手同士で話せばよかったです。

(残り 870文字/全文: 1194文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ