ヴォルティススタジアム

【徳島vs清水】試合後の選手コメント:川上エドオジョン智慧「自分たちにもできるということを証明した」石井秀典「このゲームに対する熱を一人ひとりが強く持っていたので、それが報われて結果が出た」長谷川雄志「今日はJ1相手にある程度見せることができた」

■YBCルヴァンカップ グループステージ第4節
4月13日(水)徳島 4-1 清水(19:03KICK OFF/鳴門大塚/1,475人)
得点者:39’杉森考起(徳島)47’玄理吾(徳島)52’杉森考起(徳島)72’児玉駿斗(徳島)90’栗原イブラヒムジュニア(清水)
———–
○川上エドオジョン智慧選手
Q:試合全体を通した感想を聞かせてください。

立ち上がりは想定以上に押し込まれました。自分を含めて守備のところが結構バラバラになってしまいやられる場面がありました。その間、中で話し合いながら修正し耐えたからこそ、あのチャンスが来たのだと思います。先制後の流れはうちに来たと思うし、ピッチの中で我慢できたことが大きかったと思います。

Q:アシストした場面を振り返ってください。

相手が足を出してくるのが見えたので股を狙いました。練習からあそこへ入ってくることに取り組んでいるので、杉森選手が上手く決めてくれたと思います。そのおかげでアシストが付きました。プロ初アシストなので、シンプルに嬉しいです。

Q:先制後はチームに前へ出る勢いが見られました。

そうであれば、流れを変えることができたので良かったです。
相手には上手い選手が揃っていて初めは押し込まれましたが、自分たちにもできるということを証明したと思います。

(残り 864文字/全文: 1416文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ