ヴォルティススタジアム

【徳島vs清水】試合フォトレポート:杉森のゴールを口火に大量4ゴールでホーム初勝利!

■YBCルヴァンカップ グループステージ第4節
4月13日(水)徳島 4-1 清水(19:03KICK OFF/鳴門大塚/1,475人)
得点者:39’杉森考起(徳島)47’玄理吾(徳島)52’杉森考起(徳島)72’児玉駿斗(徳島)90’栗原イブラヒムジュニア(清水)
———–
ここまで1分け2敗で迎えたルヴァンカップ・グループステージ第4節。グループステージ突破のためにも負けられない一戦となった。

リーグ・大分戦からはメンバーを総入れ替え。GKには松澤が入り、DFラインは右から川上、カカ、石井、石尾、アンカーに長谷川、インテリオールに玄と渡井、前線には西野、藤尾、杉森が入った。

前半、前線のサンタナを使いながら攻撃を仕掛ける清水に後手を踏む展開となる。試合が進むにつれてボールは持てるようになるものの「点が入るまでは難しい試合をしていた(杉森)」上手くビルドアップできずアタッキングサードまでボールを運ぶことができない時間が続く。
そんな中、33分にカカのオーバーラップから川上がつなぎ藤尾がシュートを放つと、39分待望のシーンを迎える。

左サイドで杉森が起点を作ると、中央で渡井、西野とつなぎ右サイドへ展開。オーバーラップしてきた川上のグラウンダーのクロスにファーサイドから入ってきた杉森がスライディングシュート!先制点を奪う!勢いに乗ったチームは43分にも川上のクロスのクリアボールを玄が強烈なボレーシュートでゴールを狙う。

ゴール後、アシストした川上に駆け寄る杉森

1-0で迎えた後半、最初のチャンスでゴールネットを揺らす。47分、西野が藤尾とのワンツーで抜けだしゴール前まで持ち運びシュートを放つ。「ピッチがスリッピーだったのでゴロで打ってくれれば何か起きると思っていたら、運よく目の前にボールが転がってきました」GKの弾いたボールを玄が詰めゴールを奪う!玄はこれがプロ入り初ゴールとなった。

徳島の勢いはとどまらず、52分には渡井、玄、川上のパス交換からゴール前へボールを運ぶと、最後は杉森が強烈なシュート!これが決まり3点目を奪う!

3点目について「練習を重ねてきたので、今日も落ち着いて足を振ることができた」と振り返った杉森考起

最初の交代は67分、オリオラサンデーと児玉が投入されると、72分には石井の縦パスをオリオラサンデーがフリックしたボールを児玉がシュート!これが決まりダメ押しの4点目を挙げる。
81分には川上に代わりデビュー戦となる森昂大が投入される。

3点リードされこのままでは帰れない清水も試合終盤に猛攻を見せるが、GK松澤やDF陣を中心に体を張りゴールを守る。後半アディショナルタイムに1点を返されたものの試合はそのままタイムアップ。
今季ホーム初勝利とルヴァンカップ初勝利で勝点3を挙げた。


□試合フォト

(残り 107文字/全文: 1404文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ