ヴォルティススタジアム

【柏vs徳島】試合後の選手コメント:西野太陽「勝利に導けるゴールにするのが今後の目標です」児玉駿斗「悪くないゲームだったと思いますが、あのように簡単に失点するところが、まだまだ足りない部分」

■天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会
6月22日(水)柏 2-1 徳島(19:00KICK OFF/鳴門大塚/1,151人)
得点者:4′ 西野太陽(徳島)51’土屋巧(柏) 57’森海渡(柏)
———–
〇西野太陽選手
ここ数試合、チームの流れも悪く結果も出ていませんでしたから、今日勝利することで波に乗っていければと思っていました。負けてしまいましたが、選手同士の連携は良かったと思うので、それを続けながら、決めるところでしっかりと決めて、次は絶対に勝利を掴みたいです。

Q:先制点はとても落ち着いたゴールだったと思いますが、ご自分ではどのように評価していますか?
練習の時からニアとセンターとファーの3ゾーンに分けてやっていました。バイタルでマイナスボールを受けられることもわかっていたので、狙い通りのゴールでした。試合を通してSBの川上選手と玄選手と自分の3人で上手くローリングした結果、相手に捕まることなくプレーできたと思います。

Q:自身初ゴールとなりますが、どのような感想ですか?
僕もずっと「得点したい」という気持ちを持って練習や試合に臨んでいました。時間はかかりましたが、結果を出せたことは素直に嬉しいです。でもチームを勝利に導けるゴールとそうでないゴールでは感じ方が全然違います。今日は残念ながら負けたので、勝利に導けるゴールにするのが今後の目標です。

(残り 892文字/全文: 1477文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ