【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!】岡山パウリーニョ、…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

【コラム】高橋秀人◆端正な中盤をかたちづくる4番(2014/01/25)

高橋秀人◆端正な中盤をかたちづくる4番

 

HIDETO_0118_R
「アンカーというイメージではないんですよね。センターハーフみたいな」
4-1-2-3をマッシモ フィッカデンティ監督が採用した場合、中盤の底を務める気配が濃厚な高橋秀人はそう言った。フォーメーションは4-3-3と捉えるべきなのかもしれない。

「ビルドアップのときには中盤の三人があまり流動的にならない。三人のかたちをしっかりと保ちます。去年は流動的にプレーしていた部分もありましたけれども、ポジションチェンジが(比較すれば)少なくなってくるのではないかと思います」

相手に決まったかたちを悟らせず、惑わせる効果もあった流動的なプレー。それが皆無になるわけではないが、まずは各々がしっかりとポジションをとってボールを廻す。

(残り 1899文字/全文: 2230文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ