後藤勝公式マガジン トーキョーワッショイ!プレミアム

【無料記事/第17回日本フットボールリーグ表彰式/第1報】レポート◆武蔵野関係者「J2以降は新しいスタジアムをつくらないといけない」(2015/12/09)

JFL200試合出場を達成した横河武蔵野FCの林俊介。来季はJ3に昇格させる仕事をなしうるか

JFL200試合出場を達成した横河武蔵野FCの林俊介。来季はJ3に昇格させる仕事をなしうるか

 

レポート◆武蔵野関係者「J2以降は新しいスタジアムをつくらないといけない」

東京武蔵野シティフットボールクラブへの改称を発表した横河武蔵野フットボールクラブ。彼らがJをめざす背景はなんなのか。
ある関係者は言う。
「これまではプロ契約できるわけではなく、チームとして上をめざすから残ってくれと選手に言うこともできなかった。そういうことを何年か経験してきました。ダノンネーションズカップ世界大会で優勝した横河武蔵野FCジュニアの選手たちが成長したとき、トップにJとしての受け皿がないということもある。J3開設もひとつのきっかけですが、いろいろな要因があり、動き出しました」

これまではプロのカテゴリーに上がるのか、そうではないのか、グレーゾーンを歩んできた。しかし今回は本気だという。その証が新しいクラブ名に盛り込まれた“東京”だ。
「Jリーグ百年構想クラブの申請は済んでいます。強化に関しては、今シーズンは12位で終わってしまいましたが、強化では『いっしょに上げようよ』と言える選手、プロ契約選手も視野に入れています。スタジアムについては、J3までは武蔵野陸上競技場を用います。J2以降は武蔵野を改修してもできないので、別のスタジアムをつくらないといけません。現状ではJ2ができるスタジアムは、東京には味の素スタジアムしかない。ガンバ大阪さんではないですけれども『つくりたいのでつくりましょう』という働きかけをしないと進んでいかない。夢のような話ですけれども、こう(Jをめざす)ならないと夢の話も出てこない。できれば2~3万人のサッカー専用スタジアムがベストだと思いますけれども、どこが使うのか。今回、ぼくらが『東京武蔵野シティフットボールクラブ』と『東京』をつけた理由のひとつにはそれがあって、世界に武蔵野を引っ張っていきたい。J1までをめざすという意思表明で『東京』を入れました。途中からチーム名を入れればいいじゃないかという案もありましたが、行政からするとあまりおもしろくはないと思います。Jへの本気度を示すということがひとつです。まだまだ武蔵野でも知られていないのに大きいことを言うようですが、ぼくらはサッカーをやっていないひとにもアプローチしていかないといけない」(前述の関係者談)

しかしまずはJ3だ。武蔵野陸上競技場は住宅地にあるため、現状でも応援に鳴り物を使えない。さらに、鳴り物がなくとも、J3で観客動員が増えたとき、さらなる騒音の心配もある。
この点にもクラブスタッフは力を入れていると言う。
「大音量の問題については武蔵野市と協定を結び、武蔵野陸上競技場近隣住民のみなさまには、Jをめざすという以前からここ数年、引きつづき、ご理解いただくために話をさせていただいています。地域と市と競技場で一体となってやっていきたい。しかしいっぽうで、鳴り物を鳴らさない武蔵野陸上競技場の応援スタイルというものがあってもいいのかなとも思います」

もし、ガンバ流のスタジアムに、“ムサリク”で培った鳴り物を使わない応援がマッチすれば、イングランドのプレミアリーグにも似た独自の光景が出現する可能性もある。横河武蔵野FCあらため東京武蔵野シティFCの動向が注目される。
(以上)

———–
■後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
◆書評
http://thurinus.exblog.jp/21938532/
「近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です」
http://goo.gl/XlssTg
「クラブ経営から監督目線の戦術論、ピッチレベルで起こる試合の描写までフットボールの醍醐味を余すことなく盛り込んだ近未来フットボール・フィクション。サイドストーリーとしての群青叶の恋の展開もお楽しみ」
◆購入または在庫検索は下記までお願いします!
http://www.amazon.co.jp/dp/4862552641
http://www.keibundo.co.jp/search/detail/0100000000000033125212
http://www.kinokuniya.co.jp/disp/CKnSfStockSearchStoreSelect.jsp?CAT=01&GOODS_STK_NO=9784862552648
http://www.junkudo.co.jp/mj/products/stock.php?product_id=3000187596
http://www.honyaclub.com/shop/g/g16363019/
http://www.tsutaya.co.jp/works/41336418.html
———–

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ