青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

【有料記事】今週の小平◆ニューイヤーカップで2016シーズンのプロトタイプを目撃できる!? 城福浩監督「模索する場にしたい」(2016/01/17)

jofuku_03_16Jan2016_GOTO_R

jofuku_01_16Jan2016_GOTO_R

今週の小平◆ニューイヤーカップで2016シーズンのプロトタイプを目撃できる!? 城福浩監督「模索する場にしたい」

16日始動日の囲み取材の終わり際、城福浩監督に「フォーメーションなどもニューイヤーカップで試していくのか」と訊ねたところ、次のように答えられた。
「ニューイヤーカップで試合に出られる選手もかぎられていると思います。試合に出ていてもリスクの少ない選手を使うことになる。そこはむしろ、出られる選手にとってはチャンスでもあるので、力を見極めたいし、彼らには思う存分、力を発揮してほしいな、と。ただ試合をしてコンディションを見るだけではなく、立ち位置であったり、個人の役割であったり、そういうものも見極めるゲームにしたいので、全員が試合に出るという選択にニューイヤーカップはなりませんけれども、そのなかでも意味のあるものにしたいと思います。もちろん、戦術的なというか、システムも含めて模索する場にはしたいと思います」

ことし最初の対外試合は1月24、27、30日に開催されるニューイヤーカップになる。2月9日のACLプレーオフも十分早いが、それにも増して始動早々の時期とあり、

(残り 2034文字/全文: 2521文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ