【サッカー人気5位】サイゴンFCのビン会長、J3クラブの買…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

【無料記事/Jユースカップ決勝第1報】球際、球際、カズ東京!雨中のヤマハ決戦!絶体絶命の2点ビハインドから大逆転勝利で広島を下し、劇的に二冠達成!(2016/11/19)

バックスタンドのチームメイトと応援者のもとに駆け寄る、3点めをアシストした直後の久保建英。

バックスタンドのチームメイトと応援者のもとに駆け寄る、3点めをアシストした直後の久保建英。

11月19日、ヤマハスタジアムで開催されたJユースカップ決勝で、FC東京U-18はサンフレッチェ広島F.Cユースを2-3(延長)で破り、7年ぶり三回めの優勝を果たした。夏の日本クラブユース選手権と合わせて今シーズン二冠。次週からはリーグ戦に傾注、残り3節に勝っての高円宮杯プレミアリーグ初制覇を狙う。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

先発のゴールキーパーは高瀬和楠。最終ラインは右から岡庭愁人、蓮川壮大、長谷川光基、坂口祥尉とならび、ボランチは平川怜と伊藤純也、サイドハーフは右に生地慶充、左に内田宅哉が入り、松岡瑠夢と半谷陽介で前線を組んだ。サブの選手は大本竜司、荒川滉貴、小林幹、吹野竜司、小林真鷹、杉山怜央、久保建英。あえて荒川と小林を控えに置いた。

試合は立ち上がりからこれぞ決勝戦という緊迫した展開。広島が激しく守れば東京もハードワークを絶やさず、序盤は一進一退。しかし前半23分、26分とペナルティボックスへの侵入し、あわやという危険な場面をつくった広島は、28分にこぼれ球を拾った松本大弥が豪快なミドルシュートをゴール右に突き刺し、ついに1-0と先制する。反撃態勢の東京は積極的に仕掛けていき、ゲームを支配しかけるが、アディショナルタイムにまたもこぼれ球を山根永遠に叩き込まれ、東京はファーストハーフの45分間で2点を失ってしまった。
広島の高い圧力に屈する恰好で2点ビハインドとなった東京。このまま敗れてしまうのか……。

落ち込む選手たちを見て、ハーフタイムに佐藤一樹監督は「ゲーム内容は0-2という点差ほど悪くない。おれたちはこんなもんじゃないというところを見せるぞ!」と励ます。すると、その声に送り出された選手たちは、セカンドハーフの立ち上がりからさらに強気で攻め、躍動する。
戦術的にも工夫があった。ボランチの伊藤純也に替えて久保建英がイン。ボールを運ぶタイプの内田宅哉をボランチに廻してアクセントをつけ、突破力のある松岡瑠夢をフォワードからサイドに、そして久保を前線に配して半谷陽介と流動的な2トップを組ませるという布陣に変更した。すると、ボールを持ってつぶれまくる久保の周囲で半谷、松岡、内田、生地慶充が奔放にアタックできるようになっていく。
後半5分、相手ボールをカットした生地が右から中に切れ込むと、ディフェンスのウラを衝く絶妙のパス。これに抜け出た松岡がゴール右にシュートを決め、2-1と1点差に追い上げる。勢いにのる東京は後半8分、半谷が倒されて得たPKを決めて2-2! 前半とはうってかわってペースを握り、その後も猛攻をつづけるが、90分間では決着がつかず、試合は延長戦に。

歓喜の瞬間が訪れたのは延長後半7分。久保が個人技でチャンスをつくると、そこに荒川滉貴が左から走り込む。久保は自ら撃たず、冷静に荒川へとパス。「久保選手さまさまなので(笑)」と荒川がコメントに窮したように決定的な場面を確実に決めるべく、ワンタッチではなくコントロールしてから流し込んだ。
広島2-3東京。
久保は仲間たちが応援するバックスタンドへと駆け寄っていく。大きな祝福の空間ができた。

クラブ提供によるコメントで、久保は3点めをこう振り返っている。
「相手ゴールキーパーの大迫選手のゴールキックがたまたまぼくの足許にこぼれてきて、ファーストタッチでけっこういいところに富めることができました。まずゴールを観たんですけど、ここから撃ったら外してしまうかなと思い、ドリブルしたら少し詰まってしまった。
3人のあいだに切れ込んでシュートを撃とうと思ったんですけど、そのとき荒川選手が走ってくるのが見えた。落ち着いて決めてもらうだけでした」

メンバー入りできなかった選手たちとウルトラたちが合体した応援団の、野太い声によるガチンコのサポートもあり、このスコアのままタイムアップ。FC東京U-18は強い団結力でカップを勝ち取った。

しかしこれで終わりではない。やはりクラブ提供によるコメントで、久保は次のようにこのあとを見据えている。
「ことしの目標である三冠がまた一歩近づいてきている。とてもうれしい。きょうは一日喜んで、またあしたから切り換えてプレミアに向かってチーム一丸となっていきたい」

クラブ全体を押し上げるかのごときユースの活躍。物語とすればできすぎなほどの劇的な逆転で優勝を果たした、この勢いが止まる気配はない。

試合後、がっちりと握手をかわし、抱擁し合うふたりのゴールキーパー。

試合後、がっちりと握手をかわし、抱擁し合うふたりのゴールキーパー。

 

 

——–
■後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
◆書評
http://thurinus.exblog.jp/21938532/
「近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です」
http://goo.gl/XlssTg
「クラブ経営から監督目線の戦術論、ピッチレベルで起こる試合の描写までフットボールの醍醐味を余すことなく盛り込んだ近未来フットボール・フィクション。サイドストーリーとしての群青叶の恋の展開もお楽しみ」
◆購入または在庫検索は下記までお願いします!
http://www.amazon.co.jp/dp/4862552641
http://www.keibundo.co.jp/search/detail/0100000000000033125212
http://www.kinokuniya.co.jp/disp/CKnSfStockSearchStoreSelect.jsp?CAT=01&GOODS_STK_NO=9784862552648
http://www.junkudo.co.jp/mj/products/stock.php?product_id=3000187596
http://www.honyaclub.com/shop/g/g16363019/
http://www.tsutaya.co.jp/works/41336418.html
———–

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック