『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

後藤勝公式マガジン トーキョーワッショイ!プレミアム

【有料記事/J1第4節第2報】大久保嘉人ごめんなさい弾!「謝るためにも点を獲らないといけなかった」。篠田監督は「ヨシトは男の中の男」(2017/03/19)

FC東京に移籍後、リーグ戦初得点をマークした大久保嘉人は、殊勝な態度でゴール裏に向かっていった。
「謝っておかないといけないでしょ。それをするためにも、点を獲らないといけなかった」

3-0で大敗したJ1第3節のvs.ガンバ大阪戦後、PKを決められなかった自らの不甲斐なさもあり、憤りを「ユニフォームを投げ捨て、蹴る」という行為で爆発させてしまった。あらゆるファン、サポーターが怒り、クラブからも厳重に注意される結果を招き、ブログで謝罪する事態にいたった。

サブメンバーが奮起し、ルヴァンカップはベガルタ仙台に6-0の快勝。チームそのものは再び上昇気流に乗った。しかし加入したてのピーター ウタカがPKを決め、仲間に完全に溶け込んだ姿と比べると、まだ無得点の大久保がグループに入りきれていない感があったことは否めない。

いろいろな意味で乗り遅れていた。しかもついこのあいだまで在籍していた古巣が相手の多摩川クラシコ。プレッシャーがかからないはずがない。それでも大久保は勇気をふるい、ピッチに立った。

試合前に「チームのために献身的に走れば、必ず勝利に貢献できると信じて、ピッチに送り出しました」と大久保について語っていた篠田善之監督は、試合後の共同記者会見で次のように評した。
「ヨシトは前節の敗戦、

(残り 1122文字/全文: 1664文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ