【サッカー人気2位】「クラブ寝耳に水」の意味がちょっと違っ…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

【無料記事/J3第15節第1報】短め速報◆小川諒也公式戦2戦連続アシスト!諒也クロス→原大智ヘッド!試合終了間際の劇的同点弾で首位秋田に引き分ける/短めコメント◆原大智、中村忠監督、柳貴博、小川諒也、久保建英(2017/07/01)

7月1日、FC東京U-23は味の素フィールド西が丘でJ3第15節に臨み、首位のブラウブリッツ秋田と引き分けた。秋田は8試合ぶりの失点。
左サイドバックの小川諒也を除き現役ユース選手とユース卒選手で編成されたFC東京U-23は前線に久保建英と平川怜のコンビを置き、大半の時間帯を支配していたが、後半35分に痛恨の失点。しかしその後、平川に替えて途中出場した長身の原大智が後半48分、相手のクリアが主審に引っかかり残ったボールからの展開で小川が放ったクロスをヘディングで決めて1-1に追いついた。小川はルヴァンカッププレーオフステージ第1戦につづく公式戦2戦連続のアシスト。
このゴールで引き分けに持ち込んだことで失点するまでの80分間の好プレーも報われた。なにより現役高校生や高卒一年めの選手が大半を占めるチームが技術と体力でJ3首位を圧倒して引き分けた事実は自信になる。内容にふさわしい結果を得て、意気上がるFC東京U-23の次節が楽しみだ。

◯決勝点を挙げた原大智の談話

出場時間が短く、ゴールの場面以外はほとんどさわっていないんですけど、その一回でゴールできてよかった。
自分は背が高いのでヘディングは得意とするところ。いいボールが来たので合わせるだけでした。
もし出場機会があれば次節もつづけてゴールを獲りたいと思います。

◯中村忠監督の談話(抜粋)

前節の敗戦を受け、きょうは相手が首位だけどおれらのサッカーをやる、ホームのファン、サポーターの前で勝点3を獲ろうと高い集中力を持って試合に入りました。選手はゴールを狙う意識、からだを張ったプレーにいつも以上にトライしてくれました。
評価できるのは最初から最後までゴールをめざし、最後の場面もゴール前に3人、4人飛び込んで同点ゴールを決めることができたところ。好材料が出てきたと思います。

◯柳貴博の談話(抜粋)

まだ無敗のチームを相手にみんなモチベーション高くやっていました。ただ内容がよかったからこそ勝って終わりたかった。でも最後まで諦めずにやった結果が最後の同点ゴールだと思うので、ポジティヴに捉えたい。

◯小川諒也の談話(抜粋)

このチームは先に失点すると負けるケースが多かった。それが同点にできたということは、少しずつ成長しているのかと思います。
周りはユースの若い選手ばかりで、彼らだけにいつも任せているわけにはいかない。自分がやらなければという思いだった。

◯久保建英の談話(抜粋)

正直に言ってしまうと、プレーとしては思っていた以上にやれたんですけど、そのぶんいつも以上に悔しい思いが多い。最近はシュートのときに落ち着きが足りないと感じています。ふだんだったら入っていたというとあれですけど、そこのところはもうちょっと落ち着いて。いつもどおりにやれば入ると思うので。そういうところは、かんたんじゃないですけど、まだまだだと思います。

———–
■後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
◆書評
http://thurinus.exblog.jp/21938532/
「近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です」
http://goo.gl/XlssTg
「クラブ経営から監督目線の戦術論、ピッチレベルで起こる試合の描写までフットボールの醍醐味を余すことなく盛り込んだ近未来フットボール・フィクション。サイドストーリとしての群青叶の恋の展開もお楽しみ」
———–

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」とは

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」について

『青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン』は、フリーライターである後藤が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。試合のレポート、監督や選手のインタヴュー、コラムなど、他媒体では読めない量と質を追い求め、情報をお届けします。
FC東京トップチームのほか、U-18、関係他クラブや東京都のサッカーについてもお伝えしていきます。

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンは平均して週4回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

 

●試合情報(試合後の取材も加味したマッチレポートなど)
●今週の小平(練習レポート、日々の動静)
●コラム(人物、トレーニングやプレーの内容を掘り下げたもの)
●ニュース(公共性の高い情報)
●お知らせ(弊サイトについてのお知らせ)
●Interview(オフなど不定期に)

 

新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高い青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

 

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

 

■J論でのインタビュー
「ライターと編集者。”二足の草鞋”を履くことになった動機とは?」後藤勝/前編【オレたちのライター道】

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック