『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

後藤勝公式マガジン トーキョーワッショイ!プレミアム

J1第31節「FC東京vs.清水エスパルス」小林伸二監督、安間貴義監督試合後共同記者会見要旨

【小林伸二監督(清水)】

○総括
前半はうまくバックラインの背後を衝いてくれて、グラウンド状況が悪くなるなかでもそれを徹底してくれた。
後半は一回センターバックが被ってリズムを崩したことと、ピンチをポストに救われたことが挙げられる。全体としては全員が守備に集中していた。きょうは守備の安定と攻撃を明確にやってくれたが、二回あったビッグチャンスをものにできていないという面がある。
二週間空くので、もう少し守備のところを整備してボールを奪えるようになるのではないか。FC東京の選手は個々に資質が高く(攻略が)難しいところがあったが、札幌戦に向けて整備して点を獲れるようにしていきたい。

○河井陽介先発の意図
練習ゲームをサテライトで60分やったところその内容がよかった。トレーニングでは8カ月も離脱していた選手には見えなかった。
最後に負けているのなら河井と枝村(匠馬)は今回のゲームのキーになるところがあり、枝村を先に使って疲れるということになると河井を先行させたほうがいいと思った。チアゴ アウベスは力強いが全体に守備の意識が強いなかで90分は厳しい。ほかの選手を頑張らせて最後にチアゴで点を獲る狙い、もう少しだった。
キックオフ時刻が遅く、他会場の結果を知ったなかで振る舞ったが勝つところまで行けなかった。勝点3を狙って1まで逃すと厄介なので1を獲ることができてよかった。河井が70分以上も、グラウンドが悪いなかでもやってくれたことは評価したい。

○金子(翔太)からチアゴ アウベスへの交替が早かったが?
3バックにいかにプレスをかけるか、若い選手ふたりでやったほうがいい。うまく行くとまだグラウンドが悪くないときにうまく嵌って金子で獲った。うまく試合に入った。後半、ちょっとしたところで点を獲るにはできるだけ早い時間にチアゴを使ったほうがいい。金子が中盤で収まっているところが、チアゴと(北川)航也はふたりとも前に飛び出す選手なので心配だったが、うまくふたりでローリングしてくれた。金子は十分仕事をしてくれたと思う。

○中盤をコントロールしていたのでは? 指示は?
ボランチが食いつくという意味ではきょうは東(慶悟)くんが食いついたので、あそこのバイタルをうまく使えた。もう少し(ミッチェル)デュークがコントロールで使えれば前半はもっと楽だったと思う。第1節以来のスタメンだった河井が(中盤で)うまく収めてくれた。ウラを蹴るとラインが下がり、ボランチが食いき、一枚の金子のところが空くという意味では、うまくボールを廻せたのではないかと思う。それが狙いだった。まずウラをとったのがうまくいった最大の要因ではないか。

【安間貴義監督(東京)】

○総括
足許の悪いなか駆けつけていただいたファン、サポーター、そしてスポンサーのみなさんに感謝したい。
この試合に向けて、J3と重なり、ほんとうにひとが少なかった(※J1の試合前日にJ3メンバーは試合当日を迎えている)が、ウチの下部組織の一年生たちが、嫌な顔ひとつせずにセットプレーの練習に付き合ってくれた。その成果が出てセットプレーの失点がゼロで終われたことはすごくうれしい。またオフィスショウ(※株式会社オフィスショウ、小平グランドや味の素スタジアムなど運動施設の芝生管理をおこなっている)のみなさんが、自分たちがやっている「動かすサッカー」のために最後の最後まで努力され、排水していただけたことに、ほんとうに感謝している。そういう方々のためにもしっかりと勝点3を獲れるように、次に向けてチームをもう一歩先に進めていきたいと思う。

○大久保嘉人を下げた意図は? 彼が途中で下がるのは珍しいのでは?
もちろん出足の(時間帯に実践していた)、ボールを動かすほうのサッカーを選択しているならば、まちがいなく下げてはいけない選手であるし、そういうサッカーを望んでいた。ただ、グラウンドがああいう状態なので、頭を飛び越すサッカーになったときに、どうしても彼が触るタイミングが少なくなってきた。さらにそこから推進力、かといってエスパルスさんのカウンターも強烈だったのでこぼれを拾うところと、両方を考えたときに、(大久保嘉人からユ インスへと)交替することがこのゲームには必要だったのではないかと思う。ゆえに、交替を決断した。

———–
後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
書評
http://thurinus.exblog.jp/21938532/
「近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です」
http://goo.gl/XlssTg
「クラブ経営から監督目線の戦術論、ピッチレベルで起こる試合の描写までフットボールの醍醐味を余すことなく盛り込んだ近未来フットボール・フィクション。サイドストーリとしての群青叶の恋の展開もお楽しみ」
———–

後藤勝公式マガジン トーキョーワッショイ!プレミアムとは

『トーキョーワッショイ!プレミアム 後藤勝公式マガジン』について

『トーキョーワッショイ!プレミアム』は、主にフリーライター兼編集者である後藤がFC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。試合のレポート、監督や選手のインタヴュー、コラムなど、他媒体では読めない量と質を追い求め、情報をお届けします。
FC東京トップチームのほか、J3、U-18、関係他クラブや東京都のサッカーについてもお伝えしていきます。

 

トーキョーワッショイ!プレミアムは平均して一日一回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

●試合情報(マッチレポート、キックオフ30分前の監督囲みコメントなど)
●今週の小平(練習レポート、日々の動静)
●Interview(いま気になるあのひと、日頃眼にしない裏方さんなど、不定期に迫る)
●コラム(人物、トレーニングやプレーを掘り下げた、ルポやノンフィクション)
●ニュース(公共性の高い情報)
●お知らせ(弊サイトについてのお知らせ)

新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高いトーキョーワッショイ!プレミアムでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

ご自宅で、移動中で、出張先で、いつでも好きな時にプレミアムコンテンツが読める。

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ