『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

後藤勝公式マガジン トーキョーワッショイ!プレミアム

過去二年で青竹のごとく伸びた平川怜と久保建英【取材後記】

おとなと席と同じくしても違和感のない堂々とした佇まい、精悍な顔つき。

平川怜と久保建英の記者会見が終わったあと、FC東京U-18とU-23を担当するスタッフのひとりは「これで自分の手を離れてしまうんだな」と、教え子を見送る教師のように、寂しげに呟いた。無理もない。成長期のふたりは瞬く間に大きくなり、周囲で見守るおとなたちの背丈を越していく。胸板が厚くなり、すっかりアスリートのからだつきになった平川と久保は、もう“先生”がいなくてもやっていけるほど立派に振る舞っていた。彼らはこれからトップチームで、おとなの世界に飛び込んでいくことになる。

記者はコメントを文章に起こす際に、もとのニュアンスを損ねない範囲で言葉を編集していく。だから久保の記事を書くとき、以前は彼の口癖である「えっと、まあ」を省く作業が常だったが、もうその必要もない。もはや久保の回答は理路整然としていて、淀みなく紡がれていく。

フォトセッションの撮影用にと用意された色紙に、久保は「努力」と今後に向けた指針を記した。その理由を彼はこう語った。
「きょうからずっと終わることはないものは何かなと考えたときに、やっぱり努力をしなくなった時点で選手としての成長が止まると思いました。自分がこれから来月、2年後に、どのようなレベルにあったとしても、さらに上をめざして努力しつづけることで、きのうの自分よりいいい自分になれると思っているので。そういう意味で努力という言葉が好きですし、それにしました」

昨日のレポートではプロ契約をする理由やその資格についてできるだけ詳細に書くよう努めたが、おそらく、そうした記事を読まずとも、なぜふたりがプロ選手となったのかは、ピッチに立つ平川と久保の佇まいを眺めるだけで感覚的に理解できるだろう。高校一年生と中学三年生の身分でFC東京U-18Aチームの試合に出るだけでは刺激が足りず、U-23にカテゴリーを上げても同様で、より高い水準を彼らは求めた。この間、わずか二年。若者の成長は青竹のごとくあっという間だ。

———–
後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
書評
http://thurinus.exblog.jp/21938532/
「近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です」
http://goo.gl/XlssTg
「クラブ経営から監督目線の戦術論、ピッチレベルで起こる試合の描写までフットボールの醍醐味を余すことなく盛り込んだ近未来フットボール・フィクション。サイドストーリとしての群青叶の恋の展開もお楽しみ」
———–

後藤勝公式マガジン トーキョーワッショイ!プレミアムとは

『トーキョーワッショイ!プレミアム 後藤勝公式マガジン』について

『トーキョーワッショイ!プレミアム』は、主にフリーライター兼編集者である後藤がFC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。試合のレポート、監督や選手のインタヴュー、コラムなど、他媒体では読めない量と質を追い求め、情報をお届けします。
FC東京トップチームのほか、J3、U-18、関係他クラブや東京都のサッカーについてもお伝えしていきます。

 

トーキョーワッショイ!プレミアムは平均して一日一回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

●試合情報(マッチレポート、キックオフ30分前の監督囲みコメントなど)
●今週の小平(練習レポート、日々の動静)
●Interview(いま気になるあのひと、日頃眼にしない裏方さんなど、不定期に迫る)
●コラム(人物、トレーニングやプレーを掘り下げた、ルポやノンフィクション)
●ニュース(公共性の高い情報)
●お知らせ(弊サイトについてのお知らせ)

新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高いトーキョーワッショイ!プレミアムでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

ご自宅で、移動中で、出張先で、いつでも好きな時にプレミアムコンテンツが読める。

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ