『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催〈〆切間近〉

後藤勝公式マガジン トーキョーワッショイ!プレミアム

徳永悠平、長崎移籍の正式発表に決意新た。いじり倒されたvs.鳥栖戦に「ちょっとふざけてた部分も感じ取れたんですけど、盛り上げてくれてうれしかった」/次節、守備陣の顔ぶれに変化? 岡崎慎メンバー入りの可能性も

岡崎慎。

徳永悠平。

前節サガン鳥栖に敗れたFC東京は11月26日、エディオンスタジアム広島でサンフレッチェ広島と対戦する。広島から期限付き移籍中のピーター ウタカが契約により出場できないこともありフォワード陣の顔ぶれに変化が生じるものと予想されるが、ディフェンス陣にもメンバー変更の可能性が出てきた。

○山田将之、岡崎慎らに広島遠征帯同の可能性
既にJ1ベンチメンバー入りが珍しくない山田将之のほか、岡崎慎にも次節vs.広島戦でベンチ入りの可能性が出てきた。
FC東京U-18が25日に高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグEAST第16節を戦い、翌日のJ3第33節vs.鹿児島ユナイテッドFC戦に割ける選手にかぎりがあるため、J3も手薄の状況だが、J1も少々メンバー編成が難しくなってきている。
J1に組み入れられるのか、J3に出場するのか、間際になるまでわからない状況に、岡崎も「ぼくもちょっとわかんないです」と苦笑いだ。
ただ、先日の“準J1デビュー”での失態がまだ記憶に新しく、自ら気を引き締めていて、J3とJ1どちらに配置されても無様な試合はしたくないとの思いが強い。
「(練習試合の)湘南戦はびっくりして、おどおどしたまま90分間を終えてしまった。いまはどの試合に入ってもおかしくない状況ですから、あの一戦のようにはならないよう、

(残り 1326文字/全文: 2032文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ