『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催〈〆切間近〉

後藤勝公式マガジン トーキョーワッショイ!プレミアム

安間貴義監督試合前の談話【J1第34節】

メンバーを見てもおわかりのとおり、多くの期待を寄せられてシーズンに入ったチームがその期待に答えられなかったと、ぼくたちも自覚しています。もう一度顔を上げて積み重ねてきましたが、このところの鳥栖戦、広島戦ではしっかりと戦えるようになったと思います。いま足りない最後を決めるところを決め、入ってしまう相手のシュートからゴールを守り、この最後の一戦に集まり、応援をしてくださる方に応える試合をしたいと思っています。

ミーティングも含めて石川直宏と徳永悠平のふたりには「声をかける」ということをしていません。戦力として考えているので、紅白戦などでも「要求」しかしていません。
ナオに対しては、いま真ん中で仕掛けることによって、(太田)宏介と(室屋)成からいいクロスが入っています。フリーで撃てる状態になっている。そのクロスに対してしっかり飛び込む。ガンバさんもクロスに対して弱さを見せることがあるので、自分たちのストロングポイントがいいほうに作用すると思います。

彼が戦ってきたものに打ち克ったからこそ出場がある。その情熱を出足からこのチームに注入してくれればいいと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ