『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催〈〆切間近〉

後藤勝公式マガジン トーキョーワッショイ!プレミアム

石川直宏57分、伝えた熱さ。そして示した未来

後半12分に交替するまで石川直宏はこまめにポジションをとり直しつづけた。今シーズン、1試合も出ていなかった石川が、しかも翌日にJ3最終節が控えているにもかかわらず、ここまで長い時間プレーをつづけると思った人々はそう多くないだろう。石川は周囲の予測を覆した。
「不思議な感覚でしたね。これだけ痛みなく、違和感なく、からだが軽いなかでプレーしたのは年々ぶりかなというくらい」
痛みに悩まされながらも、メディカルスタッフの尽力でJ1最後の日となる12月2日を良好なコンディションで迎えた。最終節の味の素スタジアムで振りまかれた“ナオスマイル”には根拠があったのだ。

「(先発に入るひとりが)なんでナオさんなの!? というところから覆したかった。どれだけのことをみんなが思っていたかわからないけど、プレーで、結果で示せば、それこそ問題ないでしょう、と。どの監督にも理不尽なことはあるし、試合に出られないひともいて、でもそんなことは関係なくて、自分が示してしまえばそれまででしょ、と。ことしはプレッシャーやストレスをみんなが抱えていて『どうぜ誰々が出るんでしょう』という声も、リハビリをしているときに聞こえてきました。練習場でどれだけかたちをつくってアピールできたかで、はじめてピッチに立てるか否かが決まる。だから競争しろよと、ぼくも言いました。そのぼくがスタメンになったので、よけいに自分が示さなきゃと、強く思いました」

守備ではチェイシング、攻撃では相手の守備組織に食い込んで仕掛けようとする動きが目立った。
もっとも場内が沸いたのは前半25分。橋本拳人のスルーパスに呼応し、ガンバ最終ラインのウラに石川が抜け出した。オフサイドとなったが、いかにも“ナオ”らしいプレー。直後、ゴール裏からチャントが発生した。あれはスタンドを熱くしたのではないか──と水を向けると、石川は頷いた。
「そうですね、あれがいちばんの、自分のかたちだった。あそこからのゴールをずっと思い描いて、(橋本)拳人ともよく話をしていましたし。タイミングを合わせていくにあたってあまり時間がなく、練習をする機会がある選手が少ないなかで、一つひとつがすべて貴重で。今回のスルーパスに抜け出すところも、拳人とぼくが合うタイミングは、狙っていましたけど少なかった。もちろん、何度も重ねていけばタイミングも掴めるとは思うんですけど、試合のなかで精度を高めるチャレンジもすごく楽しかった。決めたかったですけどね。ああいうかたちがずっとやりたかったなとは、ピッチを離れてずっと思っていたことなので。まあ、出し尽くしました」

試合後のセレモニーに於けるスピーチでは、画面が映像から石川の表情に切り換わった瞬間既に泣いているという、これも“ナオ”らしい姿を見せてファンの視線を惹きつけながら、話し始めれば対戦相手のガンバ大阪サポーターをも味方につけるふるまいで、独特の人間力をあらためて示した。引退試合で対戦してもらったガンバへのお礼を述べるとさざなみのような拍手、初ゴールを決めたのはじつはガンバ──と漏らすと親しみのこもったブーイングと、当意即妙のやりとり。

この力を、現役引退後はFC東京のために使うつもりだと、石川は言う。ただし「新しい部署をつくろうかと。名前は公募します」と言うように、今後も東京にかかわっていくこと自体は決まっているものの、具体的な立場をどうするかは検討中だ。アンバサダーでもないという。
ただいずれにしろ、アマラオが去ったあとに精神的支柱でありつづけてきた石川が、過去と、そして大きなクラブとなった現在の両方での経験をふまえて何かをなそうとしていることだけはたしかだ。
「よい伝統はよい伝統で残してほしいですけど、それは変えないといけないでしょうという伝統もなかにはあると思う。選手には言いづらい面もあるんですけど、ぼくはそういうコミュニケーションもとり始めているし。一つひとつを変えていかないと大きな変化にはつながらないと思っているので。地道な積み重ねのうえに、さらなる積み上げをどのようにできるか。以前にはこれしかできないからこれを懸命にやっていこうという時期があり、その後、器用なことができいろいろな視野で物事を考えられるひとたちが増えてきたなかで、それらを合わせていく力になっていきたいと思っています。やっぱり強くしたいですからね。(セレモニーのスピーチでは)社長にブーイングがありましたけれど、そのように問題視されているところもあれば、さきほどもお話したようにピッチの上で競争が足りなかったところもある。全部つながっていると思うんですよね。FC東京をよくしていこうと思うのであれば、(意見の交換を)活発にしていかないといけないし、聞く耳を持たないといけない」

味スタですべてを出しきり、今後のヴィジョンを示した石川。青赤のレジェンドはあす3日に駒沢で茂庭照幸との対面を果たし、引退最終章を終えたのち、新しい歩みを始める。

———-
後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
書評
http://thurinus.exblog.jp/21938532/
「近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です」
http://goo.gl/XlssTg
「クラブ経営から監督目線の戦術論、ピッチレベルで起こる試合の描写までフットボールの醍醐味を余すことなく盛り込んだ近未来フットボール・フィクション。サイドストーリーとしての群青叶の恋の展開もお楽しみ」
———–

後藤勝公式マガジン トーキョーワッショイ!プレミアムとは

『トーキョーワッショイ!プレミアム 後藤勝公式マガジン』について

『トーキョーワッショイ!プレミアム』は、主にフリーライター兼編集者である後藤がFC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。試合のレポート、監督や選手のインタヴュー、コラムなど、他媒体では読めない量と質を追い求め、情報をお届けします。
FC東京トップチームのほか、J3、U-18、関係他クラブや東京都のサッカーについてもお伝えしていきます。

 

トーキョーワッショイ!プレミアムは平均して一日一回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

●試合情報(マッチレポート、キックオフ30分前の監督囲みコメントなど)
●今週の小平(練習レポート、日々の動静)
●Interview(いま気になるあのひと、日頃眼にしない裏方さんなど、不定期に迫る)
●コラム(人物、トレーニングやプレーを掘り下げた、ルポやノンフィクション)
●ニュース(公共性の高い情報)
●お知らせ(弊サイトについてのお知らせ)

新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高いトーキョーワッショイ!プレミアムでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

ご自宅で、移動中で、出張先で、いつでも好きな時にプレミアムコンテンツが読める。

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ