後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

解散を迎えた今シーズンのFC東京U-18【小平恒例、一枚の写真】

12月20日、FC東京U-18が解散の日を迎えた。もしJユースカップに優勝していたら、この日が「2017Jリーグインターナショナルユースカップ」初日。延長戦で決着した「高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 チャンピオンシップ」から中二日では、疲れたからだを引きずってボロ負けしていた可能性もある。
「Jユースカップで京都に負けたからこそ、その後の勝利があった」とは佐藤一樹FC東京U-18監督の弁。Jユースカップのタイトルとインターナショナルユースカップの出場権を逃したかわりに高円宮杯を制して静かなオフを手に入れたことは一種の等価交換なのかもしれない。

写真を撮らせてもらったのは守護神の高瀨和楠。「ゴールキーパーとしては、2失点はいただけない」と、反省しきりだったが、シュート20本を浴びた試合でのビッグセーブ連発は賞賛に値する。優勝に関しては「ここまでの積み重ねがもたらしたもの」とも。思えば昨年、波多野豪が出場できなかったJユースカップ決勝でゴールを守り、0-2から3-2の逆転劇を呼び込んだのも高瀨だった。
ことしもまた、波多野がなしえなかった仕事を継承し、タイトル獲得を達成した高瀨。先日の高円宮杯優勝後、波多野と会食したという。ふたりのあいだでは、どんな言葉が交わされたのだろうか。

Twitterでは「これがFC東京のあるべき姿です」との名言を残した。FC東京U-15深川時代に奥原崇現育成部長の薫陶を受け「相手がどのチームであろうと、首都のクラブとして負けてはいけないというプライドを持って戦ってきた」高瀨が、結果を残したからこそ言える言葉だった。下から衝き上げるアカデミーの選手たちに負けじと、来季はトップチームにもがんばってほしいものだ。

この日、高瀨は大きな荷物を持ってきた。返却する練習着を詰め込んだ袋がいくつもあったのだ。大学でサッカーをつづける彼は、進学のためにも冬は勉学に励む。活躍のフィールドはいっときピッチから勉強机へ。そのさらに先に、一段上のカテゴリーで味わうサッカーが待っている。

———–

後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
書評
http://thurinus.exblog.jp/21938532/
「近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です」
http://goo.gl/XlssTg
「クラブ経営から監督目線の戦術論、ピッチレベルで起こる試合の描写までフットボールの醍醐味を余すことなく盛り込んだ近未来フットボール・フィクション。サイドストーリーとしての群青叶の恋の展開もお楽しみ」
———–

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」とは

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」について

『トーキョーワッショイ!プレミアム』は、フリーライターである後藤が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。試合のレポート、監督や選手のインタヴュー、コラムなど、他媒体では読めない量と質を追い求め、情報をお届けします。
FC東京トップチームのほか、J3、U-18、関係他クラブや東京都のサッカーについてもお伝えしていきます。

トーキョーワッショイ!プレミアムは平均して週五回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

●試合情報(試合後の取材も加味したマッチレポートなど)
●今週の小平(練習レポート、日々の動静)
●ミッドウイークワッショイ(協力スタッフによる情報・記事提供を含む週半ばのお楽しみコーナー。こぼれ話など内容はさまざま)
●コラム(人物、トレーニングやプレーの内容を掘り下げたもの)
●ニュース(公共性の高い情報)
●お知らせ(弊サイトについてのお知らせ)
●Interview(オフなど不定期に)

新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高いトーキョーワッショイ!プレミアムでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ