【サッカーパック人気2位】 【J2うぉっち】運命の終盤戦へ:J2優勝、自動昇格の行方を展望する

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

長谷川健太監督の談話【2018 Jリーグキックオフカンファレンス】

長谷川健太監督(左)と太田宏介副キャプテン(右)。

2月15日、東京都内で「2018 Jリーグキックオフカンファレンス」が開催され、FC東京からは長谷川健太監督と太田宏介副キャプテンが参加。開幕戦のカード単位で分けられた「FC東京vs.浦和レッズ」ブースで取材に応じた。まずは長谷川監督のコメントをお届けする。

○長谷川健太監督の談話

──浦和に勝つための策は?
長谷川健太監督 われわれのサッカーをしっかりとすることが浦和に勝つためのポイント。(キャンプでは浸透していたようだが?)いや、こればかりは始まってみないとわからない。自分たちのサッカーをブラッシュアップしていきたい。(自分たちのサッカーとは?)全員がハードワークする、戦うサッカー。ハードワークを全員ができるかどうかが今シーズンのポイントになると思っているので、チームが勝利を得るためにプレーし、それをどの選手が出場しても同じように実行できるチームにしていきたい。

──選手は連続性、連続性と言っているが、休まずに切り換えるところなどはできていると思うか?
長谷川健太監督 だいぶできてきています。その辺りの意識は高い。ただ、実際のゲームになると、しんどい時間帯は当然あると思う。そのなかでも(前に)出ていったり、ボールを奪われて相手の速い選手がカウンターを仕掛けてきたときにしっかりと切り換えて守備に戻ることできるかは、

(残り 1345文字/全文: 1997文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック