サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

平山相太さん、現役引退。セレモニー後の囲み取材を締めくくる言葉は「最後ですね。がんばってください」【J1第2節/無料記事】

スーツを着てマイクスタンドを握りしめる平山相太さんは、ロックアーティストのように恰好よかった。
Photo by Ayano Miura (C)三浦彩乃

ベガルタ仙台とFC東京双方のファン、サポーターに向かい引退に際しての決意を述べた平山相太さん。引退セレモニーの終わりには羽生直剛、石川直宏の両氏から花束を渡された。
「やめると決めて、自分が引退すると話して。ふたりも直前に引退したタイミングで。そのときは『まだやれる』と、いろいろ引き止めてくれたんですけど、きょうはもう『おつかれさま』という言葉をいただきました」
少し訊ねただけで多くの答えが返ってくる。爽やかで自然な受け答えだった。

写真を提供してくれたカメラマンの三浦彩乃さんによれば、引退セレモニーに臨むピッチ上の平山相太さんは感極まる様子だったという。しかし味の素スタジアムのミックスゾーンへと姿をあらわしたときには、平山さんはもうすっかり穏やかな表情になっていた。
第一声は「最後の囲みですね」。久しぶりに味の素スタジアムで大勢の記者に囲まれることを懐かしく思っているようだった。
囲み取材中、いちばんの爆笑は、自身のチャントが久保建英に受け継がれていることについて「恐縮です」と答えたとき。「巧いというか、才能があるなと思いました」。
がんばれ、と送り出される立場なのに、囲みの輪が解けるときに発した言葉は「最後ですね。がんばってください」。
この日の平山さんは終始、あらゆる人々に気を配っていた。

「(挨拶の文言は事前に)ある程度考えて。ベガルタは一年だけ、東京は長いこと在籍していましたが、両クラブに感謝の気持ちがあるので、それは半々というか。ちゃんと伝わったかわかりませんけれども」
平山さんによれば、涙はなかったという。
「泣くかな、とかはありましたけど、全然泣かないというか。緊張していました。緊張しすぎて、ちゃんと話さなきゃ、というのがいちばんでした」

仙台に移籍後は負傷により試合に出ることすらままならず、帰ってきた味の素スタジアムで、スーツを着てピッチを踏みしめることになった。
「サッカー以外で味の素スタジアムのピッチに立つことはありませんでした。もう最後、ほんとうに最後、自分が家族だと思っていた場所に立てたので、とてもうれしかったです。(平山コールは)すごく懐かしい。(移籍後)一年しか経っていないんですけど、その一年がすごく長く感じ、懐かしく感じました」
人生初だという胴上げでは「みんなに重いと言われました」。ともかくも、平山さんはこの一日をうれしく思っているようだった。
「ああいう映像をつくっていただいたり、こういう引退セレモニーを催していただいたり、それはサッカーをやっていてよかったと思います」

話し方もかなり上達したように思えるが、謙遜なのか「自分は話すことが下手なので」と前置きして、平山さんはこれからの学生生活に向けた心境を語った。
「これから話す勉強と、サッカーの勉強と、勉強しなければいけないことがたくさんあり、ひとつずつやっていければと思っているので、お手柔らかにお願いします」

セレモニーの映像にもあったように、国立競技場で多くの印象に残るゴールを積み重ねた巨人は、自身が国立男であることをあらためて問われると、それを認め、そして後進に期待を寄せた。
「(思い出に残る試合を)ひとつだけ挙げるとすればナビスコ優勝。まあ、新国立になるので、東京オリンピックからまた“新国立男”が出てくると思います」
国立男から新国立男へ。青赤の、そして日の丸の歴史はつづいていく。

———-
後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
◆書評
http://thurinus.exblog.jp/21938532/
「近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です」
http://goo.gl/XlssTg
「クラブ経営から監督目線の戦術論、ピッチレベルで起こる試合の描写までフットボールの醍醐味を余すことなく盛り込んだ近未来フットボール・フィクション。サイドストーリーとしての群青叶の恋の展開もお楽しみ」
———–

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」とは

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」について

『トーキョーワッショイ!プレミアム』は、フリーライターである後藤が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。試合のレポート、監督や選手のインタヴュー、コラムなど、他媒体では読めない量と質を追い求め、情報をお届けします。
FC東京トップチームのほか、J3、U-18、関係他クラブや東京都のサッカーについてもお伝えしていきます。

トーキョーワッショイ!プレミアムは平均して週五回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

●試合情報(試合後の取材も加味したマッチレポートなど)
●今週の小平(練習レポート、日々の動静)
●ミッドウイークワッショイ(協力スタッフによる情報・記事提供を含む週半ばのお楽しみコーナー。こぼれ話など内容はさまざま)
●コラム(人物、トレーニングやプレーの内容を掘り下げたもの)
●ニュース(公共性の高い情報)
●お知らせ(弊サイトについてのお知らせ)
●Interview(オフなど不定期に)

新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高いトーキョーワッショイ!プレミアムでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題