後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

蜂須賀孝治(ベガルタ仙台)一問一答「ほんとうに楽しくサッカーができた」【ルヴァンカップグループステージ第3節第1報/緊急企画/無料記事】

FC東京に対し、まざまざと質のちがいを見せつけたベガルタ仙台。2得点の蜂須賀孝治にいくつか気になったことを訊ねた。

──藪から棒にすみません。このシステムと戦術のなかで、アウトサイドの選手には、ゴールシーンに象徴されるように、お鉢が廻ってきやすいというか決定機や重要な局面がめぐってきやすい、頻度は高いのでしょうか。
蜂須賀孝治 そうですね。相手が4バックだと、ぼくのマークはアウトサイドにはつきにくいので。1点めの得点シーンは、よく見ればわかるんですけど、ジャメ(ジャーメイン良)とタクさん(阿部拓馬)のほうにみんなが寄って、ぼくはあえて大外で待っていて、そうしたらボールが転がってきた。ああいう部分はほんとうに多いと思います。
──渡邉晋監督がヨーロッパサッカーのエッセンスをかなり凝縮して伝えていると思うんですけれども、個人的に、海外のアウトサイドの選手なり試合なりを参考にした例はありますか。
蜂須賀孝治 特に参考にすることはないですけど、監督がよくポジショニングということを言うので。いい立ち位置をとっていれば相手は必ず困るし、どこが空いてくるかとか、こうなったらここが空くとか、そういうことをみんながよくわかってきている。スムーズに試合ができているのかなと思います。
──トレーニングのなかで自然と身についているということですか?
蜂須賀孝治 はい、そうです。昨年、初めてこのシステムをやりましたけど、この一年でかなり成熟してきたのかなと思います。
──5-3-2(3-5-2)で相手を網にかける時間帯と、5-4-1(3-6-1)でリトリートする時間帯と、両方ともすごくきれいにできていて。全員が献身的にポジションをとりつづけないと、ああはならない?
蜂須賀孝治 やっぱり相手がいい状態でボールを持ったときは嵌めにくい。相手のフォーメーションが4-4-2でこっちが3-5-2だとうまく嵌まらないので、そのときはディレイしてしっかりブロックを敷いて、狙いを定めてからみんなでスイッチをかけていくという守備がしっかりできた。ぼくだけでなく、きょうはみんながほんとうにいい活躍をしていたと思います。
──そこからの攻撃が、みんな思い切りがよくて、パスにかかわろうという意思がすごく感じられましたね。
蜂須賀孝治 はい。もう、タテパスが入って、みんなしっかりターンをして、相手ゴールに向かって相手が引いて、みんながわいてくる(後列などから次々と攻撃に参加してくる)というか、そういう攻撃ができたので。ほんとうに、うーん──ほんとうに楽しくサッカーができたなと思います。

———–

後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
書評
http://thurinus.exblog.jp/21938532/
「近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です」
http://goo.gl/XlssTg
「クラブ経営から監督目線の戦術論、ピッチレベルで起こる試合の描写までフットボールの醍醐味を余すことなく盛り込んだ近未来フットボール・フィクション。サイドストーリーとしての群青叶の恋の展開もお楽しみ」
———–

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」とは

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」について

『トーキョーワッショイ!プレミアム』は、フリーライターである後藤が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。試合のレポート、監督や選手のインタヴュー、コラムなど、他媒体では読めない量と質を追い求め、情報をお届けします。
FC東京トップチームのほか、J3、U-18、関係他クラブや東京都のサッカーについてもお伝えしていきます。

トーキョーワッショイ!プレミアムは平均して週五回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

●試合情報(試合後の取材も加味したマッチレポートなど)
●今週の小平(練習レポート、日々の動静)
●ミッドウイークワッショイ(協力スタッフによる情報・記事提供を含む週半ばのお楽しみコーナー。こぼれ話など内容はさまざま)
●コラム(人物、トレーニングやプレーの内容を掘り下げたもの)
●ニュース(公共性の高い情報)
●お知らせ(弊サイトについてのお知らせ)
●Interview(オフなど不定期に)

新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高いトーキョーワッショイ!プレミアムでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ