後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

気負いは禁物“ケンタダービー”、モリゲ復帰で態勢を整えた青赤軍団が日本平に臨む【J1第9節Preview】

ケンタッキーダービーならぬ“ケンタダービー”。あす4月21日、長谷川健太監督を育んだIAIスタジアム日本平にFC東京が乗り込み、清水エスパルスと戦う。
このJ1第9節を前に長谷川監督は「思い入れはたくさんある。ほかのクラブとはちがった思いがある」と胸中を明かした。とはいえ、やはりプロの監督。公に何を話し、何をなすべきかはわかっている。「自分の感情を挟まずしっかり戦いたい」と言葉がつづいた。清水には篠田善之コーチ、土斐﨑浩一フィジカルコーチ、國保塁コンディショニングコーチといった東京在籍経験者がいる。因縁浅からぬ両チーム。テンションが上がらないわけがない。意気込みすぎないよう気をつけるくらいがちょうどいい。長谷川監督はそこをしっかりと感じ取っているようだった。

前節は

(残り 1350文字/全文: 1685文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ