後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

【特報】吉本一謙30歳の挑戦、アビスパ福岡へ期限付き移籍【無料公開】

FC東京に対する強い想いは変わらない。しかしサッカー選手としての人生のために、移籍という路を選んだ。

6月22日、吉本一謙がアビスパ福岡に期限付き移籍をすることが発表された。移籍期間は2018年6月22日から2019年1月31日まで。19試合消化時点でJ2の4位につけ、J1昇格を狙う福岡が、FC東京での出場機会が減っていた吉本に白羽の矢を立てた。キャプテンシー、恵まれた体躯を活かしてチームにないものをもたらしてほしいと、呼びかけられたという。
吉本は「チャレンジすることがぼくのサッカー人生を一年でも長くするためには必要。自分の価値を高めたい」と決意を述べた。自身が会長を務めていた選手会の仕事は髙萩洋次郎、丸山祐市、平岡翼、矢島輝一に託すことになる。新たに選手会の仕事を始める矢島には、将来的に選手会長を担ってほしいという。
「(矢島は)ぼくの想いを感じ取り、受け止めてくれたと思う」
髙萩以下メンバーとは昨夕に話し合い「完璧に引き継ぎできた」と吉本。
今シーズンは選手会とクラブが月に一回の会合を持ち、風通しをよくした。それが集団としてのまとまりにつながっている。この気風を今後につなげていかなければならない。
**********
福岡自体に東京でチームメイトだった選手が複数いるが、西を見渡せばV・ファーレン長崎やサガン鳥栖、東にはファジアーノ岡山、レノファ山口FC、愛媛FC、カマタマーレ讃岐などなどに、元東京の指導者や選手がおおぜいいる。「みんな福岡に集めます」と吉本が言うように、寂しさは感じられないことだろう。なにより家族揃っての引っ越しに夫人も同意、後押しをしてくれた。挑戦するための態勢は整っている。
なんの因果か、福岡が11月17日のJ2最終節で対戦する相手は、かつて期限付き移籍をしていたFC岐阜。もし吉本が来るとなれば、長良川に集う岐阜のファン、サポーターはどのような反応をするだろうか。かつてと異なり、岐阜はプレーオフ圏内をうかがおうかという状態。緊張感のある一戦となり、その刺激がまた吉本をたくましくするのかもしれない。

トップの選手がオフに入っているあいだ、吉本は自主トレーニングを繰り返し、走り込んでいた。

中断期間に入り、トップの選手がオフに入ったあとも、吉本は小平で自主トレーニングに励んでいた。若い選手たちがU-23としての練習をおこなう傍らでダッシュを繰り返し、精魂尽き果てて倒れ、それでも起き上がり、再び走っていた。
トレーニングメニューは吉道公一朗フィジカルコーチに組んでもらったのだという。コンディションと敏捷性を向上させ、トップの選手たちに追いつき、追い越そうという意図があった。東京で試合に出るための特訓だっただけに、この度福岡へと移籍することになり、吉本は「申し訳ない」と謝意をあらわした。その成果は移籍先の福岡で活かされることだろう。

絶え間なく何度もダッシュを繰り返し、倒れるまで走った。しかしこのあとも吉本は起き上がり、トレーニングをつづけた。

オフの最後にオファーが届いてから、短期間での決断となった。早く来てほしいという福岡の要請に応じ、発表の翌23日から合流する。
東京で試合に出られない状況がつづくと、やがてはJ2上位のチームからオファーが来なくなるかもしれないという予感も決断を後押しした。
「移籍の成功と失敗は自分が決めるもの。いま行ってどんな状況になっても辞めるときに後悔しないと思い、決断しました」

6月3日のJ2第12節「FC東京U-23vs.鹿児島ユナイテッドFC」でキャプテンマークを巻いた吉本。これがことし最後の、公式戦に於ける青赤姿となった。

福岡に在籍する元東京の選手からは「来るんですか!?」と連絡が来たという。
「あと5~6年先にいまの状況であれば移籍しないと思う。そこまでできた東京でやりきりたいと思ったことだろうし。“30(歳)までやってこそプロ”という長澤徹さんの言葉を思い起こすと、このさきは一年でも長くやりたいと思っているので、そのためにはチャレンジすることが必要」
夏のウインドーが開くまでは練習しかできない。その間はいち選手としての質を高め、転居先を決め、初出場を待ちわびる日々がつづく。
吉本一謙、30歳の決断。この挑戦が花開くよう祈ろう。

———–

後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
書評
http://thurinus.exblog.jp/21938532/
「近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です」
http://goo.gl/XlssTg
「クラブ経営から監督目線の戦術論、ピッチレベルで起こる試合の描写までフットボールの醍醐味を余すことなく盛り込んだ近未来フットボール・フィクション。サイドストーリーとしての群青叶の恋の展開もお楽しみ」
———–

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」とは

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」について

『トーキョーワッショイ!プレミアム』は、フリーライターである後藤が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。試合のレポート、監督や選手のインタヴュー、コラムなど、他媒体では読めない量と質を追い求め、情報をお届けします。
FC東京トップチームのほか、J3、U-18、関係他クラブや東京都のサッカーについてもお伝えしていきます。

トーキョーワッショイ!プレミアムは平均して週五回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

●試合情報(試合後の取材も加味したマッチレポートなど)
●今週の小平(練習レポート、日々の動静)
●ミッドウイークワッショイ(協力スタッフによる情報・記事提供を含む週半ばのお楽しみコーナー。こぼれ話など内容はさまざま)
●コラム(人物、トレーニングやプレーの内容を掘り下げたもの)
●ニュース(公共性の高い情報)
●お知らせ(弊サイトについてのお知らせ)
●Interview(オフなど不定期に)

新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高いトーキョーワッショイ!プレミアムでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ