後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

コメント◆久保建英、平川怜、品田愛斗~好調の理由を問うと「環境を変えたせいもあるかもしれない」と、笑顔の久保【J3第16節第1報】

◯久保建英の談話

ミックスゾーンにあらわれるなり笑顔の久保建英。速いプレス、豊富な運動量、積極的な仕掛けと、コンディションのよさを反映したプレー内容に手応えを感じているからこその表情だった。取材中も笑顔がたえなかった。記事表題は、U-19日本代表遠征に関連しての問答。ロシア行きで気分が一新されたようだった。

――相手の藤枝MYFCは3トップ以外、中にギュっと圧縮して固めてきました。戦ってみての印象は。
久保建英 きょう、思ったより自分に疲れはなく、ドリブルで突破できる回数も多かった。思っていたより、うまくいったという感じです。

――後半22分の斜めに切れ込んだドリブルなど、かなり工夫のあとが見られましたが。いろいろな角度から変化を加えていくことでジャブになると考えた?
久保建英 あの場面は、ただ眼の前が空いていたので。負けていたので、とりあえず前に行こうかなと。

――前半のフリーキック、惜しかったですね。
久保建英 いやー、最近フリーキック入ってないので、なんとかしないともう、厳しいですね。

――ロシア遠征から帰国後、昨日合流したばかりですが、日本を発ったときよりもコンディションはいいみたいですね。
久保建英 一回環境を変えたというのもあるかもしれないですね。あまり自分ではわからないんですけど、

(残り 2955文字/全文: 3498文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ