【サッカーパック人気4位】 ひと足早いJリーグのMVP予想。鹿島、FC東京、横浜FM、広島、川崎、…

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

前節8得点のマリノスに5点大勝! “先行逃げ切り”ならぬ“先行しまくり”の味スタ劇場で首位に勝点7差と迫る【J1第17節第1報/ショートレポート/無料公開】

 7月22日、FC東京は味の素スタジアムに横浜F・マリノスを迎えてJ1第17節に臨み、5-2のスコアで勝利を収めた。リーグ戦の半分を消化して勝点は34。この日、首位のサンフレッチェ広島が名古屋グランパスと引き分けたため、勝点差は7に縮まった。

 前節、8ゴールをマークしたその攻撃力が脅威であるマリノスに対し、東京は怯まず、ファーストハーフのキックオフから襲いかかった。
 試合が動いたのは前半8分。ディエゴ オリヴェイラが倒されて得た直接フリーキックを、東慶悟のダミー走りのあと、太田宏介が超絶技巧でゴール左に向かってタテに落とし込み、相手ゴールキーパーの飯倉大樹が届かない位置に決めた。この今シーズン第1号によって戦局が東京の側に大きく傾く。

 前半12分にも髙萩洋次郎のパスを受け、あわやシュートというところまで行っていた田邉草民のアクションが活きたのは前半27分。ディエゴが粘ってつないだボールを田邉がシュート、これがディエゴに当たってゴールイン。当初は田邉のゴールと発表されたが、すぐにディエゴの得点に訂正された。試合後の田邉は「自分の名前がコールされたときから『ちがう』と思っていました」とポツリ。しかし前半45分に真のゴールが生まれる。東慶悟のスルーパスに反応して飛び出した田邉は、キーパー飯倉の鼻先をかわすようにボールを運び、斜め方向のシュート。これが枠に転がり、試合を決定づける3点めとなった。
 前半36分にはマリノスの天野純が直接フリーキックを蹴ったが、これは大久保択生に防がれてゴールならず。太田と天野、大久保と飯倉の対照が、両チームの差を物語っているかのようだった。

 開始直後から東とディエゴに惜しいシュートがつづいたセカンドハーフも変わらず東京のペース。15分には髙萩→ディエゴ→田邉と渡ったボールを髙萩がゴール前でキープ、これを外側から膨らむように入ってきた東に絶妙のタイミングで渡す。すると東は豪快に蹴り込み4点め。
 そして後半19分には左コーナーキックからのこぼれ球をめぐって混戦となったペナルティボックス内で、岡崎が右足でちょこんとさわるようにボールを蹴ると、これがゴールイン。「結果でアピールしないと次のチャンスは巡ってこないと思っていた」という切迫感も伴う、自身のJ1初ゴールがダメ押し点となった。

 5-0の大差で選手交替のカードを切りやすくなったのか、直後の後半21分、髙萩out、リンスin。髙萩を少しでも休ませるとともに、リンスの試運転を実現するこの交替はコンディションとコンビネーションの調整という観点からは正しいものだが、やはり試合のペースはそれまでと同様とはいかず落ち着いたものとなり、残りの時間帯で2失点を喫した。
 しかしウーゴ ヴィエイラを投入して前線の人数を増やしてきたスクランブル気味のマリノスに対応し、しのぎきったことも含め、試合全体を東京が掌握していたのはたしかなこと。自信を深めるに十分な勝利を得て、東京は中4日でフライデーナイトのvs.V・ファーレン長崎戦に臨む。

———–

後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
書評
http://thurinus.exblog.jp/21938532/
「近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です」
http://goo.gl/XlssTg
「クラブ経営から監督目線の戦術論、ピッチレベルで起こる試合の描写までフットボールの醍醐味を余すことなく盛り込んだ近未来フットボール・フィクション。サイドストーリーとしての群青叶の恋の展開もお楽しみ」
———–

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」とは

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」について

『トーキョーワッショイ!プレミアム』は、フリーライターである後藤が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。試合のレポート、監督や選手のインタヴュー、コラムなど、他媒体では読めない量と質を追い求め、情報をお届けします。
FC東京トップチームのほか、J3、U-18、関係他クラブや東京都のサッカーについてもお伝えしていきます。

トーキョーワッショイ!プレミアムは平均して週4回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

 

●試合情報(試合後の取材も加味したマッチレポートなど)
●今週の小平(練習レポート、日々の動静)
●ミッドウイークワッショイ(協力スタッフによる情報・記事提供を含む週半ばのお楽しみコーナー。こぼれ話など内容はさまざま)
●コラム(人物、トレーニングやプレーの内容を掘り下げたもの)
●ニュース(公共性の高い情報)
●お知らせ(弊サイトについてのお知らせ)
●Interview(オフなど不定期に)

 

新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高いトーキョーワッショイ!プレミアムでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

 

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック