後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

両チームとも原トーキョー! 石川直宏CC、東京ドロンパも出席のOB戦メンバー発表で“ヒロミ節”が炸裂【20周年記念ニュース/無料公開】

 

左から原博実Jリーグ副理事長、東京ドロンパ、石川直宏CC。


いい雰囲気!


 
◆豪華メンバー発表! FC東京vs.東京ガス?
 
 9月25日、FC東京はJFAハウスでOB戦出場メンバーの組み分けを発表した。このOB戦は29日に味の素スタジアムで開催のJ1第28節「FC東京vs.清水エスパルス」試合開始前にクラブ創立20周年記念のイベントとして実施するもので、東京ガスFC時代から2010年代にいたるまでの選手が参加を予定している。
 発表にあたっては原博実Jリーグ副理事長、石川直宏クラブコミュニケーター、東京ドロンパが登壇。この一戦にかける想いを述べた。
 

ユニフォームは青と赤!


 対戦するBLUE、RED両チームの組み分けは以下のとおり。
 
【TEAM BLUE】

背番号とポジション 氏名と所属年
1/GK 榎本達也/2015-2016
3/DF ジャーン/2002-2006
8/DF 藤山竜仁/1999-2009
17/DF 金沢浄/2003-2009
35/DF 下田光平/2008-2012
7/MF 浅利悟/1999-2009
15/MF 鈴木規郎/2002-2007
14/MF 馬場憂太/2002-2007
22/MF 羽生直剛/2008-2016
32/MF ネマニャ ヴチチェヴィッチ/2012-2013
18/MF 石川直宏/2002-2017
32/FW 近藤祐介/2003-2009
13/FW 平山相太/2006-2016
9/FW カボレ/2008-2009
49/FW ルーカス/2004-2007/2011-2013

 
【TEAM RED】

背番号とポジション 氏名と所属年
1/GK 堀池洋充/1999-2000
6/DF 小峯隆幸/1999-2003
15/DF 伊藤哲也/2001-2003
19/DF 北慎/1999-2000
16/MF 小池知己/1999-2001
14/MF 佐藤由紀彦/1999-2002
24/MF 小林成光/1999-2005
13/MF 加賀見健介/1999-2003
10/MF 奥原崇/1999
19/MF ケリー/2001-2004
32/FW 笠木新/2000
18/FW 岡元勇人/1999-2000
11/FW 阿部吉朗/2002-2006
11/FW アマラオ/1999-2003

 

発表前のひとコマ。広報さんが東京ドロンパと石川直宏CCをぱちり!


 
◆原博実総監督、おおいに語る!
 
「参加メンバーが足りない場合は、総監督にお願いして(出ていただく)?」と石川CCが話をふると、今回、OB戦の両チームを同時に指揮する総監督を務める原副理事長(2002-2005、2007監督)は「(それもいいですが)当日、ご都合のいい方は来ていただければ! “使っちゃいます”」と、石川CC獲得時の口説き文句を彷彿とさせる“名言”で追加エントリーを呼びかけた。原総監督は東京ドロンパにも「ドロンパ出る?」と声をかけるほどだっただけに、飛び入り出場者があらわれる可能性も捨てきれない。
「(先発メンバーは)当日、体型を見て決めます。現役当時のイメージで考えていても、いまどうなっているかわからないので……。まあ、真面目に準備をして肉離れを起こしている方もいるかもしれないので、みなさんの顔を見て、決めたいと思います」
 

キリッと。OB戦の両チームを同時に指揮する総監督を務める原博実Jリーグ副理事長。


 古参のファンには懐かしい顔ぶれだが、それは原副理事長にとっても同様だったようで、OBや、自身について語り始めると、舌はかなり滑らかになった。
「阿部ちゃん(阿部吉朗)がなんで昔からのチームに入っているかというと──阿部ちゃんはそれでいいかな、と」
 原副理事長のなかでは阿部さんの扱いが相変わらずのようだが、東京在籍時はコンビネーションもよかったアマラオさんとの“ダブル11番”でREDチームが優勢に立つのだろうか!?
 
 以前、やはり同じ味スタで実施したOB戦を「ゴール前まで行かず、点が入らなかった。それは納得できない」と反省。「点が入らないといまのFC東京みたくなっちゃうから」とユーモアまじりに苦言を呈しつつ、最後は「ゴール前のシーンが多くなるように、“シュート撃て!”と言われないようにがんばります」と、気合を入れた。
 
 当日は原総監督の許、選手としてピッチに臨む石川CCも、熱い気持ちが抑えきれないようだった。現役時代にライバルだった佐藤由紀彦さん(現FC東京U-15むさしコーチ)との対戦は盛り上がること確実だ。
 

ナオさんが熱い!


「さきほど原さんにも仰っていただきましたけど、いまのFC東京があるのは、こういった選手たちが積み重ねてきた歴史があるから。ナビスコで原さんが監督をされていたときに優勝したり、2010年、J2に降格したり。苦しいときもうれしいときもこういたメンバーと戦い、先輩たちの想いを胸にプレーしてきました。いまの選手だけでなく、ファン、サポーターの方にも、みんなで戦いひとつになってつながっている姿をお見せしたいと思いますし、残りのシーズンしっかりと出しきって自分たちの目標をかなえ、今後の歴史をつくっていけるように、まずはピッチの上で表現したいと思います」(石川CC)
 
 はたして東京が誇るレジェンドたちは、これがFC東京だというサッカーを披露し、苦しむ現役イレヴンに刺激を与えることができるのか?
 29日、クラブ創立20周年の歴史を刻むOBたちが、その年月を背負い、クラブそのものを後押しする!
 

【おまけ】真面目に打ち合わせをするドロちゃん。


【おまけ2】 記者にまじって貴乃花親方報道を食い入るように見るドロちゃん。


———–

後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
書評
http://thurinus.exblog.jp/21938532/
「近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です」
http://goo.gl/XlssTg
「クラブ経営から監督目線の戦術論、ピッチレベルで起こる試合の描写までフットボールの醍醐味を余すことなく盛り込んだ近未来フットボール・フィクション。サイドストーリーとしての群青叶の恋の展開もお楽しみ」
———–

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」とは

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」について

『トーキョーワッショイ!プレミアム』は、フリーライターである後藤が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。試合のレポート、監督や選手のインタヴュー、コラムなど、他媒体では読めない量と質を追い求め、情報をお届けします。
FC東京トップチームのほか、J3、U-18、関係他クラブや東京都のサッカーについてもお伝えしていきます。

トーキョーワッショイ!プレミアムは平均して週五回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

●試合情報(試合後の取材も加味したマッチレポートなど)
●今週の小平(練習レポート、日々の動静)
●ミッドウイークワッショイ(協力スタッフによる情報・記事提供を含む週半ばのお楽しみコーナー。こぼれ話など内容はさまざま)
●コラム(人物、トレーニングやプレーの内容を掘り下げたもの)
●ニュース(公共性の高い情報)
●お知らせ(弊サイトについてのお知らせ)
●Interview(オフなど不定期に)

新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高いトーキョーワッショイ!プレミアムでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ