【サッカー人気2位】ブラウブリッツ無敗優勝に「オシムの一番…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

新代表チャレンジ第2ラウンドを迎える室屋成「練習から攻める気持ちで臨む」【今週の小平/日本代表選出】

 

10月12日と16日に開催される「キリンチャレンジカップ」に臨む日本代表メンバー発表後、取材に応じる室屋成。


 9月11日の初陣でコスタリカ代表を3-0撃破。好発進の勝利を収めた森保ジャパンの第二陣は10月12日にパナマ代表、16日にウルグアイ代表と、中南米の2チームと戦う親善試合「キリンチャレンジカップ」となる。ワールドカップロシア大会に出場した長友佑都、吉田麻也、酒井宏樹、柴崎岳、大迫勇也なども招集されるこの日本代表に、室屋成が再び名を連ねた。
 右サイドバックでライバルとなる酒井、明治大学の先輩に当たる長友と過ごす、二週間に渡る挑戦に向けた意気込みとは。
 
◆自分らしさは消さない
 
 間近に見るワールドカップメンバーから「どんどん吸収していきたい。話も聞きたい」と学ぶ意欲を明確にしつつも、室屋成は「変わらず自分は自分のよさをどんどん出していけたらいい」と、個の表現に関しては譲らなかった。
 酒井宏樹のパワーとは異なる個性。それは若い頃の内田篤人を思わせるほどに、ジェット機のような加速で最前線に躍り出る超攻撃的なプレースタイルだ。
 
「(酒井に)“挑む”という感覚ではなく、自分のよさを出したいと思います。とにかく自分は自分でしかない。そのうえで(森保一)監督が使ってくれるなら。自分のよさを消してまで何かしようというよりは、

(残り 1404文字/全文: 2057文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック