後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

Interview 佐藤一樹FC東京U-18監督【Jユースカップ1回戦第3報】

 
◆課題に向き合わなければ二年ぶりのタイトル奪取は容易ではない

佐藤一樹FC東京U-18監督。現在は慶應義塾大学に所属する篠原新汰と試合後に談笑。

――きょうはいかがでしたか。
佐藤一樹FC東京U-18監督 同郷対決。高校時代は自主練で、彼に毎日100本くらいシュートを撃っていました(須永純ジェフユナイテッド千葉U-18コーディネーター兼U-18A監督は前橋商業高校時代の1学年後輩)。毎日、自主練に付き合ってもらっていたんですよ。私の性格もわかっていますから、たぶんシステムも合わせてこないだろうな、と思っていました。嵌っていないシーンもあったと思います。最後はジェフも少し変えてきましたね。
――相手のスタート時は――。
佐藤一樹監督 4-3-3ですけど、1トップに対してシャドーのようにも見えて、でもそうではない――と須永監督が言っていました。アンカーを置きながらしっかりとボールを動かすスペインのサッカーにも通じる、いまはやりの5レーンを採り入れたかのような洗練されたサッカーに少し手こずりました。ウチはそこに合わせるのではなく、

(残り 2412文字/全文: 2950文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ