後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

10月25日の写真レポート【今週の小平/無料公開】

 

 
 10月25日、FC東京は小平グランドで午前10時から全体練習をおこなった。過密日程の今シーズン、トレーニング内容は調整と対策が主体となり、短時間の実施にとどまることが多かったが、今週はJ1の公式戦がないとあって、じっくりと長時間の練習に取り組んだ。J1組とJ3組を分けておこなったシュート/ディフェンス練習では、次節出場停止の森重真人がJ3組で汗を流した。森重の右に富樫敬真、その右に岡崎慎。
 

 
 太田宏介(左)と永井謙佑(右)。
 

 永井が豪快な右足シュートをネットに突き刺すと、チームメイトも見守るファンもどよめいた。
 

 
 永井とボールを追う丹羽大輝。奥はジャキット。次節は丹羽とチャン ヒョンスがセンターバックのコンビを組むのだろうか。
 

 
にこやかな田邉草民。楽しそうな表情をする選手が散見された。
 

 
 攻撃力を期待されていると思しき平川怜。
 

 
 前田遼一に寄っていく太田。奥には左から富樫、橋本拳人、室屋成。
 

 
 リンスと丹羽、元ガンバ大阪コンビが並走。よく見ると、奥にいる平岡翼がすさまじい形相。
 

 
 左から前田、岡崎、林彰洋。
 

 
 安間貴義トップチームコーチ兼FC東京U-23監督。蹴ってボールを片付ける。
 

 練習終了時の長谷川健太監督。笑顔だった。
 
———–

後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
書評
http://thurinus.exblog.jp/21938532/
「近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です」
http://goo.gl/XlssTg
「クラブ経営から監督目線の戦術論、ピッチレベルで起こる試合の描写までフットボールの醍醐味を余すことなく盛り込んだ近未来フットボール・フィクション。サイドストーリーとしての群青叶の恋の展開もお楽しみ」
———–

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ