後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

ファストブレイク東京! 超攻撃的なトリコロール軍団が採るハイラインの隙を衝け! ~丹羽大輝、東慶悟、長谷川健太監督【今週の小平】

 
◆試合間隔が空いたことでトレーニングの時間を確保
 
「攻守のクオリティをいかに上げていくか。ゴール前の攻防に関しては引きつづきやっていくしかないと思います」
 2週間前の前節、セレッソ大阪に0-1で敗れたFC東京。数少ないチャンスを相手に決められ、ほとんどの時間帯を制圧しながら無得点に終わった。攻守両面に於いてゴール前の出来を改善していかないといけないことは明白で、長谷川健太監督もこう言うほかはない。
 

長谷川健太監督。


 ただし、不運あり清武弘嗣の美技ありの結果であったゴールシーン以外、ほとんどセレッソにチャンスをつくらせなかったディフェンスに関しては及第点と言っていいだろう。「ディフェンスラインの大きな崩れはなかった」と、長谷川監督も問題視はしていない。
 
 やはり課題は攻撃だろう。
 得点の確率を高めるにはショートカウンター、ハーフカウンターの回数を増やしより精密にしていくことが近道となる。攻撃時もコーチ陣から「ファストブレイク!」の声がかかり、ボールを奪ったあと速やかに攻める意図がうかがえるが、

(残り 2740文字/全文: 3279文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ