本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

ケイマンが決勝点!J3では43日ぶり、HOME公式戦では214日ぶりとなる豪快なゴールで連敗を阻止【J3第32節第1報】

 

富樫敬真、左足を豪快に振り抜く会心の一撃。このゴールでFC東京U-23を勝利に導き、連敗を阻止した。

富樫敬真の2018シーズン公式戦ゴール(J3第32節開始時点)
ルヴァンカップGS Aグループ第4節 4月18日 味スタ HOME vs.横浜M △2-2
ルヴァンカップGS Aグループ第5節 5月9日 デンカ AWAY vs.新潟 ●2-3
J1リーグ第19節 8月1日 カシマ AWAY vs.鹿島 ◯2-1
J3リーグ第26節 10月7日 とうス AWAY vs.福島U ◯2-0

 
◆ケイマンの1点で13位に浮上
 
 11月18日、FC東京U-23は江東区夢の島競技場でJ3第32節に臨み、Y.S.C.C.横浜と対戦。前半21分に富樫敬真が挙げたJ3リーグで2点めとなるゴールを守りきり、1-0の完封勝利を収めた。冬柴に苦しみミスが増え、セカンドハーフはカウンター狙いに徹するなど、ゲームプランどおりに運べず、また決して内容がいいとはいえない試合だったが、受けにまわったぶんディフェンスが集中し、勝ちを譲らなかった。
 前節は1-1で引き分ける寸前、アディショナルタイムで失点して2位の鹿児島ユナイテッドFCに敗れるという悔しい結末を迎えた。富樫の1点は連敗を阻止する貴重なものでもあった。第25節からの8試合にかぎれば5勝1敗2分と、好調がつづいている。
 試合開始前の時点で15位だった順位は13位に上昇。第34節がお休みとなるFC東京U-23は次節、チームとしての最終戦にも勝って勝点を39に伸ばし、順位確定を待つ。
 

この日も精力的にプレーした富樫。


◆ケイマン、かく語りき。「悪くはない感覚が“結晶化”されない」
 

後半9分にも富樫のシュートがあった。この日は計2本。


 オーバーエイジ枠の制限がありJ3リーグでの出場機会獲得もままならないなか、そのJ3では43日ぶり、HOME公式戦にいたっては214日ぶりとなる久しぶりのゴールが、チームを勝利に導いた。どういう想いを抱きながら日々を過ごしていたのか――と問うと、富樫は

(残り 1134文字/全文: 2202文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック