サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

前田遼一最後の会見「この経験を活かしてがんばりたい」【無料記事/ニュース】

 

 
◆「100パーセントを心がけていた」
 
 本日12月7日、契約満了による退団が発表された前田遼一が、小平のクラブハウスであらためて現役続行の意欲を語った。
 
「常にチームの勝利に貢献すること、100パーセントの力で練習に取り組むことを心がけていました」
 

 
 2015シーズンは前線でボールを収め、連動して周囲を活性化させる役割を果たしながらリーグ戦で9ゴールをマーク。2016シーズンも監督交替で揺れた直後の新体制初戦、犠牲となる動きで後半3分の決勝ゴールを生み出すなど活躍した。フォワード超過状態のうえまたも体制変更で揺れ動いた2017シーズンは結果を残せなかったが、今シーズンはキャンプのスタートから前線の一番手としてコンスタントに得点を重ねたものの、公式戦が開幕すると止まってしまい、トップチームでの先発機会が減少。最終節で挙げたゴールが今シーズンJ1で唯一のゴールとなった。
 
 4年間の足跡を残してFC東京を去ることになった前田だが、意欲は衰えていない。
 

 
「タイトルを獲れなかったことが心残り。一試合でも多く勝利に貢献したいと言って入ってきたにもかかわらず、正直それほど多くは貢献できなくて、ことしに関してはまったくと言っていいほど貢献できなかった。でもこれからも、この経験を活かしてがんばりたい」
 まだ移籍先は決まってはないが「声をかけてもらえれば、という感じはあります」と、できるだけ上位のリーグでという気持ちはありつつもカテゴリーに関する意識は特になく、現役をつづけるつもりだ。
 
 あす12月8日に待つファン、サポーターとのふれあいが最後のミッション。青赤に染まった前田が、小平をあとにする。
 
———–
後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
書評
http://thurinus.exblog.jp/21938532/
「近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です」
http://goo.gl/XlssTg
「クラブ経営から監督目線の戦術論、ピッチレベルで起こる試合の描写までフットボールの醍醐味を余すことなく盛り込んだ近未来フットボール・フィクション。サイドストーリーとしての群青叶の恋の展開もお楽しみ」
———–

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題