後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

宮崎幾笑、両サイドへの挑戦

 

新体制発表の壇上でマイクを握る宮崎幾笑。


 昨年8月、左第2中足骨疲労骨折と診断され、J2第30節の直前から離脱した宮崎幾笑。全治までの期間は長くはなかったが、結局、2018シーズンはそのままピッチに戻ってこなかった。負傷の影響が気になるところだが、宮崎はきっぱりと言う。
「大丈夫です。東京のトレーナーの方ともいっしょにやりながら、いまのところいい状態で来ていると思います」
 そして新体制発表の翌日、小平のコートを元気よく駆け抜けると、国頭へと旅立っていった。
 
◆1998年の早生まれ
 
 日本代表では堂安律と冨安健洋の「98世代」が猛威を振るいはじめている。

(残り 1963文字/全文: 2324文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック