本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

九州から来た男たち、田川亨介と中村拓海【国頭キャンプレポート】

 

FC東京の面々がサッカー教室を終えて参加した子どもたちと記念撮影。


 国頭キャンプを1/3ほど終えたFC東京は1月19日、子どもたちに向けたサッカー教室を開催した。移籍してきたばかりの田川亨介が「子どもたちも一生懸命やってくれておもしろかった。みんなで楽しめました」と、おとなびた表情で感想を述べれば、新加入選手中最年少の中村拓海はあどけなさの残る表情で「こういうの初めてだったので楽しかったですけど、どうやればいいかわからないので、これから慣れていけばいいと思います」と、朴訥な語り口。気分転換になったようだ。
 
◆「ガンガン行く」
 
 あえてサガン鳥栖に残留せず移籍を決断した背景には、自らに刺激を与え成長を促すためという想いもあったのか。
 田川亨介は端的に、移籍に際しての心境をこう語った。

(残り 1913文字/全文: 2341文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック