タグ祭り!ライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

堅守の理由、好調の理由~林彰洋篇

 

 
 FC東京がこのまま首位争いをつづければ、やがては日本代表復帰も視界に入ってくるのではないか。そう思わせるほど、ゴールキーパーの林彰洋が好調だ。前回の記事でも、失点が少ない理由として「林(彰洋)選手が止めてくれているのが、まず大きい」と、キャプテンの東慶悟が言っていたように、それは周囲にも認められている。
 しかし当の林に訊ねると、個人としていいパフォーマンスを発揮できていることは自覚しつつも、自負するべき点がほかにあると言いたげだった。
 
◆緻密さを増した守備
 
 東が言うように、対戦相手のチャンスをゼロにしているわけではない。決定機はつくられている。林も、どれだけディフェンス陣と議論を重ねて準備をしても、一試合を通して一度もチャンスを許さないのはなかなか難しいという趣旨で「100パーセント(失点しない)、完璧という状態はなかなかつくり出せない」と吐露している。
 
 万全を期しても、一試合中になお訪れる何回かの被決定機。これをゴールキーパーである自身がいかに止められるかが試合の肝になると、林ももちろんわかっている。ただそれを理解してまず自身の状態を整えたうえで、さらに昨年と決定的にちがう改善点が効いているのだという。失点の少なさにつながっていると断言するそれとはずばり、

(残り 2560文字/全文: 3123文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック