『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

セットプレー守備大研究~なぜFC東京はコーナーキックからの失点が少ないのか【今週の小平】

 
 Jリーグ公式サイトでも採り上げられるほどに、セットプレーからの失点が少ないと話題のFC東京。その記事トップの画像が永井謙佑とディエゴ オリヴェイラというのが暗喩的――これ自体は得点のデータに対応したチョイスだと思うが――なのだが、それはのちほど詳しくお伝えするとして。
 
 まだシーズンが終わっていないこともあり、セットプレー守備にも秘匿する、あるいはぼかしたほうがよいと思われるところがある。ここでは外から観察して誰にでも明確にわかる範囲の事実と、林彰洋から得られた証言で、主にコーナーキックのときの守りがなぜ堅いのかを朧気にわかってもらおうという趣旨でレポートしようと思う。
 

組織としても個人としても自信をのぞかせる林彰洋。


◆フィールドプレーヤーへの信頼
 
 まず、なぜセットプレーからの失点が少ないのか、その要点は何かとズバリ林に訊いてみた。答えはこうだった。
「要因としては、

(残り 2524文字/全文: 3001文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック