都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

「やっと決められてよかった」ストロングヘッダーの面目躍如、渡辺剛が待望のJ1初ゴール【J1第24節第2報】

 
 この夏からセンターバックのレギュラーとなっている渡辺剛が、アウエー8連戦のスタートとなるJ1第24節vs.北海道コンサドーレ札幌戦で待望のJ1リーグ初ゴールを決めた。天皇杯から公式戦2連敗のチームを勇気づけ、勝点をみたらす値千金の一発。試合後のミックスゾーンでは当然のように記者が群がった。

◆J1初ゴール

 先制ゴールを挙げた渡辺剛はその値千金の一発について開口一番「ずっと待っていた」と言った。
「ずっと待っていたんで、自分のなかでは。やっと決められてよかったなという気持ちです」
 ルヴァンカップ初戦では柏レイソルを相手にプロ入り後の初ゴールを決めた。あれも先制点だった。先に決める男が、ついにJ1初ゴールをモノにしたのだ。周囲からの反応、自らの感動、そういったものの大きさがちがう。
「全然ちがいましたね。全然ちがいました」

 相手ゴールキーパーと反対の隅を狙い、コースを正確に衝いていたのもよかった──と声をかけると、渡辺は

(残り 963文字/全文: 1377文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック