Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

オ ジェソクが示す東京イズム──前節の札幌で見せた激しさを自信として携え、瑞穂に臨め【J1第25節プレビュー】

 
 J1第24節vs.北海道コンサドーレ札幌戦を欠場した右サイドバックの室屋成は今週フルメニューをこなし、経過は良好。今節に即、先発復帰となるかどうかは不明ながらも、それもありえそうなほどで、中期的なリーグ戦の戦力ダウンを心配する必要はない。ただし左サイドバックの小川諒也は「当分無理」(長谷川健太監督)とのことで、復帰までしばらくかかる見込みだ。
 小川がいなくともオ ジェソクがいるではないか──と言いたいところだが、その彼にしても前節、北海道コンサドーレ札幌と引き分けた激戦のあとは「ぼくもあまりいい状態ではなかったんですけど、やるしかなかった」と言っていた。充実感を漂わせながらも厳しいコンディションをにじませたコメントから、万全の状態でないことは明らかだ。
 
 ジェソクはこう言っていた。
「まあ、やるしかなかった。チームのためにがまんできると思いましたし、

(残り 1378文字/全文: 1765文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック