【サッカーパック人気3位】 マルティノスが目の色を変えて「今季はマルティノスイヤーになる」と豪語し…

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

長谷川健太監督「最後、風が吹くかじゃないですか」東慶悟「いちばん最後にいちばんいいゲームだったなと思える試合をしたい」【1%の奇跡を起こすために<1>】

 

「最後どうなっているかわからないですけど、チャレンジすることがすごく重要だなと思う」と語った東慶悟。 © Ayano MIURA


 
 四日後、日産スタジアムで横浜F・マリノスに4点以上の差をつけて勝つことのみが、FC東京初戴冠の条件――。
 
 12月3日、リーグ優勝をめざすトレーニングの日々が始まった。この日から試合日前日の6日まで四日間予定されている全体練習はすべて非公開。「しっかり共有しながらやっていかないと難しいと思った」(長谷川健太監督)という決断によるものだ。困難なミッションを遂行するために、わずかな隙もつくりたくない。目的のためにあらゆる手を尽くそうとしている。
 
「1%、もっと少ないかもしれませんけど、可能性があるかぎり、選手といっしょに最後の一試合を戦っていきたい」
 前節、浦和レッズに引き分けたあとの共同記者会見で長谷川監督はこう語った。1%の奇跡を起こすには、全力を傾注するしかない。
 
◆いい意味で開き直る
 
 長谷川監督は、ディエゴ オリヴェイラの状態に関しては

(残り 2579文字/全文: 3114文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック