【サッカー人気1位】【山雅探報】J3降格。反町時代からの”…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

FC東京の選手たちがホームタウン6市を訪問! 小平市では林彰洋、三田啓貴、中村拓海、石川直宏CCが出現して会場は大盛り上がり【ニュース/無料公開】

 

花束を手に、壇上に並んだ3人。


 12月10日、シーズン全日程を終えたFC東京の選手たちがホームタウン6市を訪問した。
 小平市の「ルネこだいら レセプションホール」でおこなわれた「2019 FC東京 シーズン終了報告会 ~感動をありがとう!ACL制覇へ!~」には林彰洋、三田啓貴、中村拓海の3選手と石川直宏CCが参加。こぶりな会場は多くの子どもを含む200人のファン、サポーターでぎゅうぎゅう詰めとなり、熱気のなか式が進行した。
 
 三田が「史上最高の成績だったが優勝が目標だったので悔しい。来季はJリーグとACLのタイトルを獲る」と宣言すれば、林も「勝負どころで勝てず、優勝を逃してしまった」と、来シーズンへの奮起を促す場となった。
 また石川CCは、マンホールのコラボレーションや東京ドロンパの銅像に触れ、浸透が進む小平との協力関係に感謝を述べていた。
 

個別のメディア対応も。


「来シーズンはJ1出場」との目標を掲げた中村はシーズン終了報告会の終了後にこう語った。
「攻撃は得意なので(トップに)入ればその点に関してはできると思っています。ただ室屋(成)選手のガチャガチャッとした(球際の攻防、切り換えから前に出ていく)ところがまだ足りないと今シーズンを通して思いました。そこさえできたら全然ちがうはず。そこを重点的にやっていきたいと思います」
 
 J2第34節「FC東京U-23 vs. ガンバ大阪U-23」では、ガンバの上がりが遅いのを見て、中村自身も攻め上がりのあとゆっくり戻ったが、これが長澤徹トップチームコーチ兼FC東京U-23監督には物足りなく映った。
 中村も素直に「レベルが高くなればそこ(ダッシュで戻る)は求められるところ。やらないといけないと思います」と反省した。
 そして、愛嬌はそのままにハードなプレーをめざすと宣言。ACLに向けて選手層を厚くしなければならない来シーズンの飛躍を誓い、中村は小平をあとにした。
 

石川CCも熱弁。


———–
後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
———–

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」とは

 

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」について

『青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン』は、長年FC東京の取材を継続しているフリーライター後藤勝が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。コロナ禍にあっても他媒体とはひと味ちがう質と量を追い求め、情報をお届けします。

【直近の記事一覧】

10/22
 長谷川健太監督「いろいろ報道が出たりして難しい状況には当然あると思いますが、選手は試合に向けてしっかりと準備をしてくれている」
10/23
 中村拓海、渡邊凌磨について「いっしょにサッカーしていて楽しい」【J1第33節「FC東京 vs. 鹿島アントラーズ」コメント】
 渡邊凌磨、中村拓海について「拓海がうしろにいてくれればストレスなく出来ている」【J1第33節「FC東京 vs. 鹿島アントラーズ」コメント】
 長谷川健太監督、渡邊凌磨の起用は「時間帯、状況によっては考えていました」【J1第33節「FC東京 vs. 鹿島アントラーズ」コメント】
10/24
 鹿島アントラーズが導き出した対FC東京の正解。そして勝利へのこだわり【J1第33節「FC東京 vs. 鹿島アントラーズ」観戦記】
10/27
 中村帆高が全体合流。約半年もの間離脱していたと感じさせないしなやかなプレーで復活をアピール

 

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンは平均して週4回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

主なコンテンツ

●MATCH 試合後の取材も加味した観戦記など
●KODAIRA 練習レポートや日々の動静など
●新東京書簡 かつての専門紙での連載記事をルーツに持つ、ライター海江田哲朗と後藤勝るのリレーコラムです。独特の何かが生まれてきます

そのほかコラム、ニュース、などなど……
新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高い青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

 

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

 

■J論でのインタビュー
「ライターと編集者。”二足の草鞋”を履くことになった動機とは?」後藤勝/前編【オレたちのライター道】

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ