【サッカー人気1位】【SBGニュース】『来季の新監督は近日…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

常盤亨太「次の試合は相手がさらに切羽詰まってくる」木村誠二「しっかり一年で(プリンスを)終わらせたい」【プレミア参入戦1回戦「FC東京U-18 vs. 旭川実業高校」コメント】

 

広島広域公園 第一球技場の掲示板。


広島広域公園 第一球技場のメインスタンド。


FC東京U-18のゴールキーパーたち。


FC東京U-18のフィールドプレーヤーたち。


横断幕。


先制ゴールほか2点を決めた常盤亨太。


途中からキャプテンマークを巻いた木村誠二。


◆先制ゴールをマークした常盤亨太のコメント
 
──先制点を決めたけれども、自分が点を獲ってやろうと考えていたわけではない? やはりチームの勝利を意識?
常盤亨太 チームが勝つことが最優先です。試合が始まって最初の時間帯はバランスをとろうと心がけていました。セットプレーのチャンスはあったので、そこではほかの大柄な選手に比べると自分には相手の意識が集中していないと思い、セットプレーでは獲ってやろうという気持ちがありました。
 
──大きな選手にマークが集中するだろうという読みですね。中村監督も相手との差はないと言っていましたが、セットプレーで泥臭く勝ちましたね。
常盤亨太 流れから

(残り 1879文字/全文: 2789文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ