【サッカー人気1位】【マリノスうぉっち】松原健はガンバ戦を…

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

【新東京書簡】第六十六信『がんばれ、天敵・原一樹』海江田(19/12/25)

 
【新東京書簡】第六十六信『がんばれ、天敵・原一樹』
 

まだまだやれるぞ、原一樹。


■やったぜ、原一樹
 
 返信がすっかり遅くなってしまった。すまない。
 
 12月16日と17日、2019 JPFAトライアウト@フクダ電子アリーナを取材した。1日目、午後の部。メンバーリストに原一樹(ロアッソ熊本)の名前を見つける。
 
 この原一樹、東京ヴェルディ戦でめっぽう強かった。浦和レッズで、京都サンガF.C.で、ギラヴァンツ北九州で、カマタマーレ讃岐で、原一樹は何色のシャッツを着ていようとも、ヴェルディからゴールを奪ったみせた。
 
 みんなして「また原一樹にやられた」、「いい加減にしろよ、原一樹」、「なんか恨みでもあんのか」と渋面で言い合ったものである。語呂がよく、フルネームで呼びたくなる選手なのだ。ハラカズキ、ストレートにすっと言えるところがいい。
 
 同じ選手に何度もやられるほうこそどうかしているのだけど、そちらは棚に上げて天敵としてマークしていた。FC東京にもそんな選手がひとりやふたりはいるだろう。
 
 そもそもの因縁は、冨樫剛一さん(U‐18日本代表コーチ)が東京Vでスカウトを担当していた時期、駒澤大学の原一樹を見初めて獲得に動き、けっこういい線までいきながらフラれたことから始まっている(2007年、駒澤大から清水エスパルスに加入)。もしかしたら緑のシャツを着ていたかもしれない選手に、長年にわたって一発、二発とシュートを叩き込まれるのは格別な思いが湧いた。

(残り 1318文字/全文: 2050文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック