【サッカー人気1位】M&Aのプロフェッショナルが…

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

新顔の多い前線はプレーオフ突破のためのゴールを挙げることができるか?【ACLプレーオフ/FC東京/前日会見&囲み~レアンドロ、アダイウトン、原大智、紺野和也、ジョアン オマリ】

 

右ウイングを務めるのは原大智か紺野和也か。


ディエゴ オリヴェイラを含む外国籍の選手たちがボールを廻す。


 本日1月28日夜、ACL本戦グループFの出場枠を獲得するため、FC東京とセレス ネグロスが激突する。味の素スタジアムの前日練習後、公式記者会見で長谷川健太監督は勝敗を分ける要点を次のように述べた。
「決めるところをしっかり決められるかどうか。難しい展開になるかもしれませんけど、ただそういうなかで必ずチャンスは来ると思いますので決めきることができるかどうかが、いちばんのポイントになると思っています。天候も雨または雪という予報ですので、そういうコンディションのなかでフィニッシュの精度、クオリティが明日問われると思います」
 悪天候のなか、セレス ネグロスの堅守を前になかなかゴールを奪えないという状況はありうる。混戦でも不格好でもとにかく点を獲らないことにはACLに出場できないが、できれば最終盤にもつれ込むよりも前に先発メンバーで得点したいところだ。
 
◆新加入選手との連携は?
 
 ディエゴ オリヴェイラも状態がよくなってきているが、一週間前におこなった練習試合のメンバーを踏襲するなら、

(残り 2239文字/全文: 2883文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック