【サッカー人気3位】東京五輪の1年延期が新たな競争を生む。…

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

ハードな練習でフィジカル向上。ACL初戦に向け準備着々【今週の小平~中村帆高、長谷川健太監督】

 

復調著しいディエゴ オリヴェイラを追う中村帆高。


 2月1日、FC東京は2部練習を実施。午後はいわゆる“オールアウト”、高い負荷をかけるゲーム形式のメニューに取り組んだ。
 ACLプレーオフで勝利を収めたのち、チームは2月11日のACLグループステージ第1戦に向けて再始動。まずはフィジカルを点検しながらあらためて向上させていく期間が今週であり、2日のオフを前に全力を振り絞った恰好だ。
 これまでコンディションが上がっていなかった選手やACLプレーオフで出場機会のなかった選手もゴールを狙う意欲と球際で競り勝つ意識を強く持ち、遠目からでもどんどんシュートを撃ち、エース級フォワード陣の攻撃を阻んだ。
 

髪の毛が短くなったナ サンホ。


◆競り合い歓迎、中村帆高
 
 これを「こういう練習は得意」と歓迎したのは

(残り 1183文字/全文: 1681文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック