遠距離恋愛サポは切り捨てられてしまうのか(J論)

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

“キャプテン”渡辺剛、拮抗した敵地の初戦を振り返る【ACLグループステージMD1第2報】

 

©Ayano MIURA

 今シーズン、副キャプテンとなってから初めてキャプテンマークを巻いた渡辺剛が取材に応じた。敵地で蔚山現代FCを相手に引き分け、アダイウトンの頭に当たっての失点はあってもそれ以外に危険が感じられた被決定機は二回ほど。むしろ失点した後半のほうが守備は改善されていた。この内容を渡辺はどう見たのか、端的に振り返った。

◆もったいない失点

(残り 844文字/全文: 1094文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック