【サッカー人気4位】期限付き移籍選手の定点観測:名古屋グラ…

後藤勝責任編集「トーキョーワッショイ!プレミアム」

佐藤由紀彦コーチ、ピッチ内に入る【メディア公開15日取材分第2報】

 

フリーマン役を務めた佐藤由紀彦コーチ。


 3月15日の練習では、ピッチサイドのサーバー(ボール供給役)のほか、フリーマンなどの役割で佐藤由紀彦コーチが参加した。勝敗に関わるプレーヤーではないがピッチ内に入り、ポジションをとってボールに触る。OBが現役復帰したかのような光景に自身も「入りましたね」と、笑みをこぼしていた。もちろん「人数が足りないときは、時々入らせてもらっています」と本人が言うように選手役をこなすことは日常茶飯事ではあるが、スタッフ中唯一の参加者となったこの日は、やはり相応の存在感があった。
 
◆ピッチ内で気づくこと
 
 ふだんはコートの外から声をかける立場だが、ピッチ内でプレーするとなると、新鮮な気づきがあるのだという。
「プレーヤー目線になったときに、

(残り 1477文字/全文: 1895文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック