【サッカー人気4位】やはり強かった川崎フロンターレ。森重真…

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

黄金週間が青赤週間に? 5月がFC東京に染まる!【見やすくまとめたニュース/無料公開】

 

青赤ステイホーム週間のロゴはこのとおり。


 例年、黄金週間となっていた5月2日から6日までの5日間が青赤週間に!
 
 FC東京は4月30日、連休中に配信する一連のWeb企画を発表した。
 本来ゴールデンウイークと呼ばれるはずのこの期間、小池百合子東京都知事は「ステイホーム週間」と名付け外出を控えるよう促したが、自宅でより楽しく過ごせるよう、東京は選手が渾身のコンテンツを集中的に配信することを決定。これで生活が青赤色に染まることは間違いない。
 
 タイムスケジュールは以下のとおり。
 
▼5月2日(土)
16:00~(30分程度) 矢島輝一の紹介しちゃお<LIVE配信/Instagram> 
18:00~(45分程度) SPECIAL TALK ROOMモリゲ&よっち<LIVE配信/Instagram>
19:00~(45分程度) Nao’s Bar①<LIVE配信/Instagram or YouTube>
 
▼5月3日(日祝)/憲法記念日
11:00~(45分程度) さあ人生勉強のお時間です!教えて洋次郎さん<LIVE配信/YouTube>
13:00~(90分程度) シーズンDVD(2018ver.)鑑賞会 with石川CC<LIVE配信/YouTube>
16:00~(45分程度) NEXT TOKYO GENERATIONが答えます!<LIVE配信/YouTube>
19:00~(45分程度) 矢島輝一のLIVEで聞いちゃお<LIVE配信/YouTube>
21:00~(30分程度) SPECIAL TALK ROOM ニュウ&ユウト<LIVE配信/YouTube>
 
▼5月4日(月祝)/青赤の日!
9:00公開 青赤ワークアウト①<収録/Twitter>
14:00~(45分程度) KEIGOのお部屋 <LIVE配信/YouTube>
16:00~(45分程度) 永井のガヤがLIVEですみません<LIVE配信/YouTube>
19:00~(45分程度) Nao’s Bar②<LIVE配信/YouTube>
 
▼5月5日(火祝)/こどもの日
11:00~(45分程度) さあ人生勉強のお時間です!教えて大輝さん!<LIVE配信/YouTube>
13:00~(45分程度) 三田×安部 スクール生の質問に答えます!<LIVE配信/YouTube>
16:00~(45分程度) AOAKA SAMURAIが答えます!<LIVE配信/YouTube>
18:00~(45分程度) Nao’s Bar③<LIVE配信/Instagram or YouTube>
19:00~(120分程度) ニュウ&カジと見よう「2008東京ダービー」<LIVE配信/YouTube>
 
▼5月6日(水休)/振替休日
9:00公開 青赤ワークアウト②<収録/Twitter>
16:00~(45分程度) 永井のガヤを聞いちゃおLIVE<LIVE配信/YouTube>
19:00~(45分程度) 初タイトルを獲得した2004年を振り返ろう<LIVE配信/YouTube>
 
 代表組の室屋成、永井謙佑、橋本拳人が視聴者の質問に答える『AOAKA SAMURAIが答えます!』をはじめ、どう見ても青赤OBのあの方とあの方が降臨するのでは? と思ったらそのとおり、武藤嘉紀と長友佑都がゲストのスペシャルトークである『SPECIAL TALK ROOMモリゲ&よっち』『SPECIAL TALK ROOM ニュウ&ユウト』など盛りだくさん! よっちとユウトだけでなく、『KEIGOのお部屋』には現横浜F・マリノスの水沼宏太と現セレッソ大阪の清武弘嗣が出演予定と、他クラブからのゲスト参戦もあり、幅広いコンテンツが目白押しとなっている。
 もちろんレギュラーも充実。『永井のガヤがすみません』と『矢島輝一の聞いちゃお』の合体企画である『永井のガヤを聞いちゃおLIVE』は必見だ。なお『初タイトルを獲得した2004年を振り返ろう』はOBが出演予定だが、現時点で誰がやってくるかは不明。続報に期待したい。
 また、配信以外にも、青赤STAY HOME週間『Twitterキャンペーン』として、『5/5はこどもの日!東京ドロンパおえかきチャレンジ!』と『教えて!あなたの青赤グッズ!』を実施。FC東京公式Twitterアカウントをフォローし、応募要項をチェックしてプレゼント争奪戦に加わりたいものだ。
 青赤てんこ盛り企画が熱い週末を待とう!
 
———–
後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
———–

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」とは

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」について

『青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン』は、フリーライターである後藤が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。試合のレポート、監督や選手のインタヴュー、コラムなど、他媒体では読めない量と質を追い求め、情報をお届けします。
FC東京トップチームのほか、U-18、関係他クラブや東京都のサッカーについてもお伝えしていきます。

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンは平均して週4回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

 

●試合情報(試合後の取材も加味したマッチレポートなど)
●今週の小平(練習レポート、日々の動静)
●コラム(人物、トレーニングやプレーの内容を掘り下げたもの)
●ニュース(公共性の高い情報)
●お知らせ(弊サイトについてのお知らせ)
●Interview(オフなど不定期に)

 

新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高い青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

 

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

 

■J論でのインタビュー
「ライターと編集者。”二足の草鞋”を履くことになった動機とは?」後藤勝/前編【オレたちのライター道】

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック